未分類

可愛かったメイちゃんロスからは、なかなか立ち直れない

投稿日:

『メイちゃんロスは続く…』

かわいいメイちゃんが亡くなって1ヶ月以上が経った。私と妻はメイちゃんロスが続いているが、どうもメイちゃんはまだわが家にいるようだ。

私は3回、一瞬だがメイちゃんを目撃した。
昨夜遅くは風呂に入ろうとしてリビングと廊下の間の扉を開けたら、真っ暗な廊下にメイちゃんがこっちを向いていた。
『メイちゃん!』と呼ぼうとしたら一瞬で消えたけど、間違いなくいたのだ。

メイちゃんが死んだ日は、私は抗がん剤治療のため入院しているはずだった。しかし予診の血液検査で血小板が基準を大きく下回り、一週間延期に。
結果、メイちゃんを看取ることができた。

翌週、血小板も戻り治療を受けることができたが、逆にメイちゃんの最後の血液検査は血小板が基準を大きく下回り、危険水域だった。

原因はナゾだが妻は『メイちゃんがお父さんの治療ができるよう、自分の血小板をくれたんだと思う』と。
こんなことを言われると、ますますメイちゃんが恋しく、切なくなる(涙)

間もなく虹の橋に旅立つんだろうけど、たまには帰って来て欲しい。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.