未分類

同世代が亡くなるのは切ない。ロマンポルノ朝比奈順子逝く

投稿日:

日活ロマンポルノでは女教師シリーズで売り出した

われら世代しか分からないかもしれないが、日活ロマンポルノの有名女優のひとりだった朝比奈順子の死亡記事が小さく新聞の片隅に出ていた。享年67才。

同世代だ。映画はもちろん観たし、スクリーンでの色気満載の姿しか記憶にないから、人生の儚さを感じる。

日活ロマンポルノは団地妻シリーズの白川和子や宮下順子が一押しだったから、朝比奈順子作品はそれほど観なかったが、女教師ものやトルコものは良く覚えている。

本当は宝塚音楽学校出身の演技派女優だった

元宝塚音楽学校出身。ロマンポルノを卒業した後はNHKの大河ドラマや太陽にほえろ、西部警察、必殺シリーズに出るなど、本格派の女優さんとして活躍したから演技力もあったのだろう。
死因は多臓器不全だが癌で闘病していたようだ。

日活ロマンポルノは当時、学生運動崩れの新進気鋭の監督らが撮ったから、画面からも闘う勢いを感じたものだ。日活にもそんな熱気を感じた。

ロマンポルノは無名女優ばかりなので製作費は安く、それでも大ヒットを飛ばしたから、日活の救世主となったのだ。

タイトルの付け方が絶妙だった日活ロマンポルノ

タイトルを見ただけでエッチな雰囲気満載で、観にいきたくなったのだろう。
例えば『団地妻』とか『女教師』とか、ごく普通のことばだったのに、ロマンポルノでシリーズがヒットしたがために、このフレーズを聞くだけで思春期の若者はコーフンしたものだ。

ちなみに朝比奈順子は『女教師のめざめ』『もっと奥まで』『バックが大好き』『女医も濡れるの』など。
『もっと奥まで』など、タイトルに釣られて観に行ってしまった。

同時代を彩ってくれた同世代が亡くなるのは本当に寂しい。ご冥福をお祈りします。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.