未分類

商品の収益の一部を犬猫の保護活動に。徳島の福祉企業が取り組む

投稿日:

徳島のイツモスマイルが動物愛護に収益の一部を

先日、介護高齢者の見守りシステムの開発で経済産業大臣賞に輝いた徳島市のイツモスマイル株式会社(徳島市佐古2番町5、小泉卓也・大田仁大社長)が、今度は犬やネコなど大切なペットの健康を守るために、『イツモクリーン・プチ』の販売を開始した。

そして売り上げの一部は犬やネコの殺処分をなくすための保護活動に寄付していくという。
先日もヤマト運輸旭川が職務を通して犬やネコの保護活動に取り組む協定を旭川市と結んだことが話題になった。

いろんな企業が殺処分に心痛め、小さなことでも企業活動に取り入れるてくれることは、素晴らしいと思う。こうした輪が広がることを願いたい。

獣医さんが使用する次亜塩素酸水を家庭でも簡単に

犬やネコを飼っている人は分かるが、ペットのゲージやトイレの清掃や消毒は毎日、欠かせない。
しかしわれわれ人間と違うのは、動物たちに消毒のアルコールはご法度だ。命に関わることもある。

そんなわけで獣医さんではペットの手術の際は患部や器具の消毒に抗菌、抗ウイルス効果の高い次亜塩素酸水を大量に使用している。

大量に使う獣医さんは自家製造しているため、欲しがる飼い主もいるが、次亜塩素酸水溶液は長く日持ちがしないことや、大量に持ち運びできないことがネック。

しかしイツモスマイルはパウダーとすることで水に溶かすだけで、家庭でもいつでも簡単に次亜塩素酸水を作ることを可能にした。

動物たちのための製品だから収益も動物たちのために

同社ではどういった形で販売すべきか獣医師や犬やネコの保護活動に取り組む徳島のNPO法人、県外保護活動家とも連携し、商品化を進めてきた。

小さなカプセルに次亜塩素酸の粉末が入っており、水500mlに溶かすだけで簡単に水溶液は作れるようだ。

徳島の獣医師も『低刺激性なのでペットのケガや様々な場所の除菌に使える。ネコカリシウイルスやイヌパルボウイルスに対しての効果が実証されているので、感染症予防対策ができる。散歩終わりの手足の除菌も効果的』と、太鼓判を押している。

あと除菌、抗ウイルスだけでなく、圧倒的な防臭効果が凄い。次亜塩素酸水そのものはほぼ無臭だが、ペットのトイレにシュッと吹きつけるだけで無臭に。

ゲージを吹いたりエサ入れなどにも吹き付けて拭き取ればペットの健康にも効果的だ。

動物愛護の心で商品開発したことが素晴らしい

動物愛護の心で商品開発したことに、動物愛護家の私としては感銘を受けた。犬やネコはもちろん、フェレット やハムスターの健康のためにももちろん有効。わが家のフェレット のメイちゃんのゲージもいつも清潔だ。

収益の一部を保護活動団体に寄付するということだが、民間に頼っている保護犬・ネコのエサ代やTNR活動に役立って欲しいと願っている。

今後、量販店などで販売するが、大切なペットの健康のためにもネット通販で日本中に広げて欲しいものだ。

たくさん売れれば救われる犬やネコは間違いなく増えるからだ。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.