未分類

国会でウソ繰り返した安倍前首相。田崎スシロー氏までが切り捨てる

投稿日:

桜をを見る会疑惑で安倍前首相が国会などで繰り返してきた答弁は、真っ赤なウソ、虚偽答弁であることが明らかになってきた。一国の総理が国民に対しウソをつき続けたのだ。与党内部からも批判は高まっている。東京地検もトカゲの尻尾切りでは済まないゾ。

総理大臣の国会虚偽答弁なら、前代未聞だ

安倍後援会が地元支持者らを招いて開いた"桜を見る会前夜祭"を巡り、安倍氏側がホテルに支払った費用の一部を補塡していたことが明らかになったのだ。

5年間で総額800万円以上になることが、はっきりしている。普通なら完璧に公選法違反に問われる。また、政治資金収支報告書に記載されておらず、政治資金規正法の虚偽記載に該当する。

安倍さんはは国会などで追求を受け、『安倍事務所からの補塡は一切ない』などと少なくとも30回以上は説明してきたのは誰でも覚えている。

これすべて真っ赤なウソだったことになるのでは。7年8ヶ月も罪にした一国の首相が国会でウソを繰り返したなど、前代未聞だ。

秘書からの誤情報がウソ答弁に繋がったでは済む訳がない

桜を見る会にかかる疑惑で、安倍さんが国会で繰り返し虚偽答弁をしたのは厳然たる事実だ。
これまでの安倍さんサイドの釈明は、秘書がウソの情報を安倍さんに伝えたためその結果、安倍さんの虚偽答弁に繋がったという。

秘書はこのように東京地検でも説明しているようだが所詮は安倍事務所の内輪の問題だ。

安倍さんの答弁がウソであったことは紛れもない事実なのだ。東京地検も『ああ、そうなんですね』とは済まないだろう。秘書にウソをつかれましたで済む問題か。

なんと!あの田崎史郎氏までが厳しく批判を

安倍さんについては与党中枢部からも批判の声が出てきた。

そして驚いたのは安倍広報マン、茶坊主とまで言われた政治評論家田崎史郎氏までもが出演したテレビ番組で『安倍前総理が知らなかったとしても、国会に対する責任は問われることになる』と、指摘。

国会答弁についても『これは大きな問題。報道通りなら何らかの形で安倍総理がきちんと話し、おわびもすべき』と、かつての田崎スシロー氏と思えないコメントをした。

そしてその上で『安倍総理と秘書のやりとりは我々にはまったく分からない。でも、それを秘書のせいにしてはいけない。国会で答弁したのは安倍総理ご本人ですから。きちんとけじめはつけなきゃいけないと思う』と厳しいコメントが続いた。

あの田崎さんにまで見捨てられ…

まさにこの通り。

安倍さんの国会喚問と東京地検の事情聴取は最低限だ

東京地検もまさか秘書だけの立件でお茶を濁せば、また検察への不信感はたかまる。

さらに官房長官時代の菅首相も、安倍さんの疑惑についての質問に対し、安倍答弁を追認してきた責任はある。
国会の場できちんとケジメをつけるよう、ご本人に進言すべきだ。

おだてるやつもいるのか、再々登板などバカな話しもあり、あの病気は何だったのかと言われるくらい、最近はずいぶん張り切っていた。

しかしこれで安倍さんの政界での影響力は限りなくゼロに近づくのは間違いない。
日本にとり、とても良いことだ。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.