未分類

地元テレビでがん闘病について話しをしました

投稿日:

『四国放送フォーカス徳島で、私の癌闘病について語りました』

昨日の四国放送フォーカス徳島で、恥ずかしながら私と妻が約10分間に渡り登場させていただきました。もちろん私の癌の闘病についてのインタビューです。


県議会時代もそうでしたが、やはりかつての取材する側が取材されるのは照れくさいし、かなり恥ずかしいですね。
ご覧になった皆さんからたくさんLINEやメッセージをいただき、さらに激励をいただきありがたく思います。

実際は3時間近く小喜多記者のインタビューを受けたのですが、10分に編集するのは大変だったと思います。
でもこうして元気にテレビに出ることができたのも、私の癌治療が今のところ順調にいっているメッセージだと思っていただけたらと考えます。

そしてそういう意味でも改めて徳島大学病院消化器・移植外科の島田光生教授、主治医の吉川、高須両先生には感謝しかありません。ありがとうございます。


テレビで多くの皆さんに知られたことで、さらに癌と前向きに闘っていきたいと、決意も新たにしました。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2022 All Rights Reserved.