未分類

壊れかけた心でそれでもコロナと戦う看護師に涙が出る。ぜひ読んで

投稿日:

壮絶!コロナの現場で戦う看護師の生の声を聞いた

新型コロナウイルスの感染者治療にあたる医療従事者の戦いの現場は凄まじい。しかしあくまで断片的に聞いた話しであり、取材記者だって中には入れない。
そして現場の医師や看護師は忙しく疲れ果てていることも手伝って、みんな"自分たちがこんなに大変なんだ"とは、あまり語らない。

そうした中、人口比での感染者数が全国トップクラスの感染拡大が続く福井県の福井新聞が、県内のコロナ最前線で働く看護師さんの生の声を読者に伝えた。

電話での聞き取りだが、とても価値のあるリポートだ。ぜひ読んで、彼女たちの戦いの一端でも分かってあげて欲しい。

防護服着る時、辛くて涙が出る

看護師は「防護服を着るときは、つらくて涙が出る。精神が壊れているかもしれない」と胸の内を吐露。

感染の恐怖から一睡もできずに夜勤に臨むこともあり「私たちの命の保証は誰がしてくれるのか」と訴えた。唯一の原動力は、回復していく患者の姿を見ることという。

防護服脱がないためにトイレの回数も減らし

防護服は暑くて苦しい。脱ぐときに感染しやすく、ウイルスが付着している外側を触らずに脱がなければならない。服に覆われていない首筋は絶対に触ってはいけない。
感染リスクを下げるには、なるべく脱がないこと。4~5時間着続けることもある。トイレの回数を減らすため、水分をなるべく取らないようにしている。

ウイルスを通しにくいN95マスクは息がしづらく、1時間ほどすると頭が痛くなる。痛み止めを飲んでいる人もいる。つらい。

人工呼吸器の取り扱いは常に感染の恐怖が

集中治療室(ICU)に患者さんが入ってくるときは物品や薬の要求など医師からの指示が飛び交う。ただ、患者が入った後は、ICUの病室は呼吸器など機材の音しかない静かな空間だ。患者さんは話すことができず、看護師同士も感染を避けるため互いに話さないからだ。

ICUではとにかく人手がかかる。患者さんの床ずれ防止のために、体の向きを変えるだけでも複数の人間が必要になる。

人工呼吸器の挿管や抜管はせきが出やすいし、口腔(こうくう)ケアも含め常に感染の恐怖と闘っている。

家族にも恋人にも会えない孤独と辛さ

眠れない夜が多い。寝不足のまま仕事に行くこともある。普段は自宅に帰る人が、感染を恐れ病院に泊まるようになった。家族から「帰って来ないで」と言われている看護師もいる。恋人に会ってもらえなくなった人もいる。

私自身も「自分は無症状感染者」ぐらいの意識で暮らしている。

私たちの命の補償はいったい誰が…

防護服に着替えるときは本当に落ち込む。更衣室で同僚は「もういやだ」と言った。一緒に泣いた。一般病棟の同期から心配のメールが来ると、心が折れそうになる。精神が壊れるってこういうことかと思う。

肉体も精神もギリギリの中で、私たちには万全の感染防止対策が求められている。ただ自信はない。看護師の感染者が出たが、「やっぱり」という感じで驚かなかった。私たちの命の保証は一体誰がしてくれるのだろうか。

患者さんがいる限り私たちは病院に行く。患者さんは何も悪くない。悪いのはウイルスだと思って、仕事に当たっている。

回復した患者見るのが私たちの明日への力

インフルエンザと違って、新型コロナは発症してから一気に症状が悪化するケースがある。怖い病気だ。そういった患者さんを見ているからか「花見に行った」「パチンコに行った」という話を聞くと本当に怒りが湧いてくる。「家にいて」と強く思う。

福井県で新型コロナの患者が確認されてから1カ月がたち、最近では退院する人、症状が回復していく人も増えてきた。そういった患者さんの姿が、私たち看護師の明日の原動力になっている。

以上、福井県内の病院で働く看護師さんの生の声だった。

医師や彼女たちに思いを馳せて欲しい

本当に恐怖の中で働いているんだ。彼女たちは医師同様、命をかけて他人の命を救うために戦っている。
政府や厚労省はどんな形で彼女たちたちの頑張りに答えるのか。少なくとも防護服やマスク不足なのは論外。医療従事者の命を守る意識の希薄さを感じざるを得ない。あとキチンとした報酬で報いるしかない。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.