未分類

外出自粛が原因か。世界中で増える夫婦間DVと子どもの虐待

投稿日:

新型コロナウイルス感染の拡大で、世界中で外出自粛やテレワークが拡大、家族で自宅に籠るケースが増えているが、それに伴い、夫婦間のDVや子どもの虐待が激増しているという。先日は家庭で楽しむドイツの"大人のおもちゃ"がバカ売れのニュースもあったが…

街は人通りが少なく家庭に籠もっても、みんな夫婦円満とはいかないようだ

中国ではコロナは収束に向かうが離婚急増

中国ではコロナの感染拡大が小康状態となったと伝えられているが、離婚が激増しているという。
長い外出禁止が続き、毎日、夫婦が顔を突き合わせていたことで、互いの嫌な面が鼻につき出したのかもしれない。性格の不一致がはっきりしたのだろう
また当然、DVもあったのかもしれない。

仏はDV加害者の相談窓口を

一方、感染者、死者が激増しているフランスでは、各地でDV被害の報告が増加してきたことを受け、被害者ではなく加害者を対象にした相談窓口を設置した。
フランスメディアによれば新型コロナウイルスの感染拡大による外出禁止令が出された3月17日以降、DVの被害報告が30%以上も増えていることによる。

相談を被害者じゃなく加害者としたのには理由がある。
『加害者の多くはもともと精神的に脆弱で感情をコントロールできない。外出禁止措置が状況を悪化させている』からという。
このため相手に暴力を振るう前に電話をと呼びかけている。

フランスでは毎年、21万人の女性が夫や恋人からDV被害を受けているが、コロナウイルスはさらにDVを増やしそうだ。

日本も例外ではなく。子ども虐待は目を光らそう

もちろん日本でも外出自粛要請を受けて、DVや児童虐待が間違いなく増えているようだ。
やはり顔を突き合わせる時間が長くなり、元々、なかの良くない夫婦は喧嘩からDVに発展している。

そしてもっと始末に負えないのは子どもへの暴力、虐待でストレスのはけ口とするケース。
年が明け統計を取れば間違いなく虐待もDVも増加しているのは確実だ。

虐待は児童相談所、女性被害のDVは必ず各地の婦人相談所に相談しよう。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.