未分類

大丸梅田の『生理バッジ』中止に。もっと議論を深めるべきだった

投稿日:

生理中の女性従業員に『生理バッジ』をー。大手百貨店大丸梅田店のこの取り組みを知り正直、驚いた。任意とはいえネットなどでの否定的な反響の多さに、会社は取り止めたが、少し配慮が足らなかった気がする。

大丸梅田は社内議論は尽くしたのか?

もちろん賛否はあるんだろうけど、私はあり得ない対応だと思った。人事関係者は踏み切る前にきちんと社員からリサーチしたのか、社内議論は尽くしたのかと思う。

そこが一番、大切なポイントじゃないのか。
当然、ニュースになると賛否さまざまな議論を呼んだ。

生理の人が『今、生理です』と、わざわざバッジをつけて意思表示することが、働きやすい環境づくりのためなんだろうかと、一番に考えた人は多かったはずだ。

大丸梅田店

体調への配慮と、新装売場に合わせた取り組みだった

生理日はとかく心身ともに体調を崩し易い人は多い。だから同僚らに分かり易くするのが狙いなんだろう。

それと、同店は11月22日に生理用品など、女性向け商品売り場「michi kake(ミチカケ)」がオープンする。それに合わせた取り組みでもあったようだ。

しかし先月中旬からスタートしたものの、内外から批判が相次ぎ、取りやめを決めたようだ。

自分の生理日を同僚はまだしも客にまで示すことが、なぜ働き易い職場なのか。生理で体調が悪かったら同僚や上司に伝えたら良いことだ。こうした対応は継続するという。

女性フロアでも男の変質者が必ずウロついたはずだ

接客業だ。なぜ客にまで知らせなければならないのかと思う。それと女性関連フロアであっても当然、変なヤツにも知られてしまう。変質者対策を1番に店は念頭に置くべきだった。

短期間だが付けていたバッジは縦8センチ、横7センチの紙製。小山健さんの漫画「生理ちゃん」のキャラクターが描かれた面を示すと、「私は生理中です」と意思表示していることになる。

もちろん任意だった。周囲に知られたくない人、生理でない場合は裏面の売り場のロゴを表示する仕組みだ。付けないのも自由。
バッジの対象は5階の婦人服フロアの従業員で約500人いた。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.