未分類

大学受験は夏休みが天王山?棒に振った私の夏…

投稿日:

『未だに猛烈に後悔する受験生時代の夏休み』

高校時代の友だちの勉強の話しほどアテにならないものはない。
夏休み、全くはかどらなかった受験勉強。同じ仲間を募るため、いろんなヤツに電話をしたが皆んな返事は同じだ。
『そんなもん全然、できんかったがや!』と、判で付いたような返事が返る。そうか!俺だけじゃないのか!とかなり安心して新学期。
で、いきなりの実力テストでやっとみんなのウソに気付く。情け無い俺がいた。
『やってない』と言いながら栄の県立図書館で、連日8時間とかやっていたヤツもいた。

一浪の時、親友の鈴木のマー坊など夏休み明けには政経学部A判定など早稲田に完全リーチをかけた。それでも『これでは全然、アカンて!まだまだだがや』と言われ、D判の俺は…と、また絶望感が…


夏休みは死ぬほど受験勉強し志望校にリーチのはずが、現役の時も浪人の時も深夜放送を朝まで聴いてしまい、全くはかどらなかった。
8月も20日を過ぎると夜には勉強部屋の窓から随分涼しい風が入り、取り返しのつかない過ぎ去った時間を悔んだものだ。
そこにラジオから吉田拓郎の”祭りのあと”など流れてきたら、いたたまれない思いに追い打ちをかけられた。


コロナ第五波、パンデミックの日本の夏休みももう終わり。
スタバにくると高校生諸君が勉強している。塾へ行くまでの時間潰しとか。
こんな子たちを横目に見ると、ン十年経っても今だに後悔する私の夏休み(涙)

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.