未分類

大阪桐蔭主将中川卓也君、早稲田に合格!6大学のスターになれよ!

投稿日:

 

中川君、今度は早稲田を背負って立ってくれ

大阪桐蔭のキャプテンで進学を表明していた中川卓也君は、第1志望の早稲田大学のアスリート選抜入試に合格した。学部はスポーツ科学部。

 

超高校級、根尾昂君、藤原恭大君と常にクリーンナップを打っていたシュアなバッティングだけに、プロ入りの声もあったが、本人は早くから進学希望。進学先が注目されていた。

6大学で活躍する中川くんをみたいファンも多い。大阪桐蔭西谷監督に、『桐蔭は中川のチーム』と言わしめた強烈なリーダーシップを早稲田でもいかんなく発揮し、引っ張っていって欲しいですね。
早稲田はOBで元ロッテのエース、小宮山悟氏がこの秋から監督に就任した。春の優勝目指して頑張ってほしい。

 

最大のミスを、血のにじむ努力で挽回した男らしさ

中川君と言えば2年の夏の大会3回戦の仙台育英戦が忘れられない。その年も春夏連覇を狙う大阪桐蔭のファーストとして、甲子園にいた。

そして1点差の9回裏ツーアウト、仙台育英ショートゴロ。誰もがこれで大阪桐蔭勝利と思われた一瞬、送球を受けた中川君の足がベースから離れ『セーフ』
そのまま逆転負けし、春夏連覇は夢と消えた。まさに痛恨のミスだった。

この夏、優勝の時、みんなが笑顔の中、ひとり号泣していた中川君。涙には1年前の忘れられないその時の思い。そしてキャプテンとして改めて春夏連覇を誓った日からの、チームメイトとの苦し日々が蘇ったに違いない。

大阪桐蔭は根尾君や藤原君はいうに及ばず、控え選手も含め、他校なら4番やエースやキャプテンになるような逸材ばかり。そのチームでキャプテンとしてチームをまとめ上げるのは、並大抵の苦労じゃなかったと思う。

だからチームメイトも『中川がキャプテンだから連覇ができた』と、口を揃えたように、彼への信頼感は抜群だったようだ。

今度は早稲田を日本一にしてくれること期待したい。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.