未分類

女子受験生はぜひ併願校に女子大学1校を含めよう

投稿日:

 

女子大学受験の勧め

女子受験生の進学先にぜひ勧めるのが、女子大学だ。ぜひ受験併願校の中にひとつ含めておくことを勧める。

地方の場合は経営難の女子大学が多いから、首都圏、関西圏に限りますが。
伝統ある女子大学は建学の精神、理念が明確でしっかりとしている。

マスプロ教育はなく、少数授業が徹底されている。就職などへの対応も共学校より遥かに充実している。
あと一番、大切なことだが、ネームバリューの割に入り易いのは間違いない。

近年、女子の共学志向で競争率も激減。偏差値なども下がってきたからだ。
もちろん、私立に限定で。国立のお茶の水女子大学、奈良女子大学は別格。この両雄は難しい。あと私立では津田塾大学などは難しく、滑り止めにならない。

就職も抜群の伝統女子大

就職も良い伝統のある女子大学は首都圏では日本女子大、東京女子大、共立女子、実践女子、フェリス、白百合、聖心、昭和、大妻、学習院女子など、思い浮かぶだけで多数ある。

白百合女子大学と実践女子大学

関西では京都女子、同志社女子、神戸女学院、神戸女子、帝塚山などがある。
どことも昔の"嫁入り道具"なとという失礼な概念はなく、キャリア教育も徹底していると聞く。

神戸女学院

日本女子大や東京女子大、京都女子大、同志社女子などは、昔に比べたらかなり易しくなったが、まだまだ難関だ。

女子大学については一般入試の受験だけでなく、点数的に大丈夫なところをセンター試験利用で出願しておけば、かなり満足度の高い、滑り止めになると思う。

他大学との交流も活発

あと、やはり共学に行き男子学生とも交流したいと考える人は多いが、上にあげたような女子大学は、あらゆるサークルを通じいくらでも他大学との交流がある。

男子の多い大学のサークルは、夕方になるといろんな女子大学から部員がきています。
どことも入部は大歓迎。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.