未分類

女性への結婚に絡む質問はセクハラ認定されることも。どうしたものか

投稿日:

今なら絶対、セクハラなのか⁈

私は会社勤めの時や役所に出入りしている時は、身近に年頃の女性がいたら本人の結婚感を含め、根掘り葉掘り質問し、紹介したい後輩の顔を順に思い浮かべていたもんだ。

こうした質問は今ならセクハラで完全にアウトだとか。しかしこうしたお世話を"セクハラ"のひとことで排除する風潮もいかがなものかと、思う。

少子化最大の要因は未婚率の上昇

50才まで一度も結婚してない人の割合を生涯未婚率というそうな。30数年前までは男女とも5%未満だったのが、なんと2015年には男が23.37%、女が14.06%にも増えている。
この未婚率の上昇が日本の少子化の最大の要因のひとつとなっている。

晩婚化あるいはこうした未婚化の要因は、男女の生活様式の変化、考え方の変化など確定的な要素はないが、会社の上司など中高年から聞かれるのは未婚者、特に女性に結婚を勧めにくい環境になってきたと、いうことだ。

どこまでがセクハラ⁈お世話も難しい時代に

私はのように例えば
『今、何才?』
『彼氏いるの?』
『結婚しないの?』
『紹介しようか?』とかの質問は、全て相手の受け取り方によっては、セクハラ発言になる可能性が高いらしい。
だから職場や身近にいる若い女性にはこうした質問自体、してはいけない空気になってきている。

こうした背景も手伝い、結婚に繋がる出会いの形態にもこの30年で変化が。兄弟など親族の紹介30.9%、職場、仕事での出会い28.1%は、ほぼ横ばいながら、昭和の結婚の王道である第三者の仲介によるお見合いはわずか6.5%。4分の1に激減している(数字は徳島新聞夕刊より)

これも時代の流れに加え、今や上司が見合いを勧める雰囲気ではない。それ以前に結婚に関する質問が、でき難くなったことも関係しているのでは。

現実に日常の仕事の関係で、出会いの機会のない男女は結構いる。セクハラと言われずに背中を押してあげる方法はないものか。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.