未分類

好きな女性の車に下着。『振り向いて欲しかった』理解不能のストーカー

投稿日:

 

女性のクルマのドアミラーにブラジャーなど掛ける

今もウィークエンダーという番組があったら、必ず泉ピン子かざこばさんあたりが取材に来てくれたのは、間違いない。

先日、徳島県警名西署がストーカー規制法違反容疑で逮捕した会社員(46)の男の容疑には、笑ってしまった。
でも被害者の40代の女性本人にとったら、なんとも気持ちがよく悪く怖い出来事だったと思います。

名西警察署

男の逮捕容疑は、2016年9月中旬~10月中旬に3回、徳島市の知人女性が駐車場に止めていた乗用車のボンネットにショートパンツを置き、ドアミラーにブラジャーやパンティーを掛けた疑い。

動機は自分に振り向いて欲しかったと

警察によると下着類は男が自分で購入したらしい。なぜこんなことをしたかについて男は「この女性に好意を持っていたので、自分に振り向いて欲しかった」と供述しているという。

こんな気持ち悪いことされて、普通、女性が振り向く訳はないだろうに。この発想が普通はとても理解できない。

実はこの男は同じ女性の車の左前輪を燃やしたとして、器物損壊の疑いで5月10日に逮捕されていた。
そしてその後の調べで2年半も前の"下着事件"も発覚した。

だんだんストーカー行為がエスカレートしていくことが、この男の犯行形態の移り変わりからも良く分かった。

この音に振り向いてくれたのは女性じゃなく警察だった。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.