未分類

妻の出産動画を生徒に観せた保健教師に賛否?変なヤツ

投稿日:

保健の授業で妻の出産シーンを観せたのは教育か悪趣味か?

いろんな識者のコメント、考え方もあるだろうが、私は変なヤツとしかの感想しかないし、教室での授業から大きく逸脱していたと思う。

兵庫県立のある高校の2年生の保健の授業で、男性教師が何と自分の妻の出産動画を教室で流し、生徒に観せたという。

これを観た女生徒3人が気分が悪くなり保健室にいったというから、明らかにやり過ぎだったのではないだろうか。

教育用教材ならまだ理解もできるが

こうした授業用の教育用教材ならいざ知らず、自身の妻の出産する様子といから、ちょっと考えられない。
夫婦の記念に残すために撮影する話しはよく聞くが、果たして妻の了解は取ったのだろうか。

県教委や高校によると、男性教師は昨年9月、当時2年の2つの学級で、妊娠や出産の仕組みを教える際、それぞれ大型テレビの画面に自分の妻の出産時のシーンを流したという。3~4分間の映像で、陣痛に苦しむ妻を映したシーンが主だった。

女生徒に変なトラウマが残らなければ良いがと思う

この結果、2学級のうち1学級では女子生徒1人が机に伏せて映像を見なかったが、音声で気分が悪くなって倒れた。さらにその生徒を見た別の女子生徒2人も体調不良を訴え、3人はしばらく保健室で休んだという。

神戸新聞によるとこの高校の校長は教師に対し「学習指導要領に基づかない私的な物を教材に使うべきではない」と指導し、教師は女子生徒の保護者らに謝罪したという。

恐らく驚いた親の方が多いだろう。女生徒らに変なトラウマが残らなければ良いが。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.