未分類

妻子は絞殺、両親らはナタで。ナゾが多過ぎる宮崎高千穂町の6人殺害

投稿日:

 

男を凶行に駆り立てたのは何だったのか

妻と幼い娘を絞殺、父と母、息子と友人をナタで切りつけ6人全員を殺害した男の狂気とは、どんなものだったんだろうか。

 

宮崎県高千穂町、飯干保生さん(72)方での殺人事件。妻の実穂子さん(66)同居する次男昌大さん(42)の妻美紀子さん(41)と長女唯さん(7)、そして昌大さんの先妻との間の息子拓海さん(21)さらに昌大さんの知人松岡史晃さん(44)が殺害された。
松岡さんは『昌生さん夫婦の喧嘩の仲裁に行く』と、自宅を出ていた。

飛び降り自殺は事件の清算?

警察は近くの橋から飛び降り死亡した昌大さんが6人を殺害した後、自殺したとみているが、彼をこれだけ凄惨な犯行に駆り立てたものは何なのか?
女性関係を巡って妻と仲違いしていたというが直前、家族で仲良く会社の慰安旅行にも参加しながら、帰宅後これだけの犯行に及ぶだろうか。

まだまだナゾだらけだ。果たして全員死亡で犯行の状況さえ分からない中、自殺した昌大さんを容疑者死亡のまま殺人容疑で送検はできるのか。
さらなる細かな現場鑑識が必要だ。

 

犯行は凄惨だが、無理心中のケースもある

先日もブログにかいたが、大量殺人は何故か親族によるものが多い。もちろん殺人に違いはないが、無理心中に近いケースが圧倒的に多い。

今回もそうした可能性もあるが、疑問なのは殺害の仕方が全く異なることだ。妻と娘は絞殺、他の4人はナタで頭や顔を狙った凄惨なやり方だ。母親は屋外で首を切断されていた。

片や絞殺、片やナタ…殺害の方法が全く違うのに、同じ時系列での犯行だったのか。
父親は布団で寝ているところ、さらに拓海さんも祖父をかばうような形で倒れていたという。
では、松岡さんは?私は家族5人を殺害した後、松岡さんが飯干さん方を訪れたような気がする。

家庭内のトラブルの原因などについても、さらなる検証が必要だろう。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.