未分類

娘坂口杏里は、われら永遠のアイドル坂口良子の名を汚さないでくれ

投稿日:

愛娘の相次ぐスキャンダルに故坂口良子は何を思う

娘の相次ぐスキャンダルに、故坂口良子さんはあの世できっと悲しんでいるに違いない。

女優坂口良子といえば、われわれ世代ではキャンディーズと並び、押しも押されぬ超アイドル。
週刊プレイボーイやGOROという雑誌にはグラビアが載らない号は無いくらいの人気だった。
新サインはV、前略おふくろ様、池中玄太80キロなどで名演技を見せたのを、覚えている人も多いだろう。

お母さんは清楚な美人女優だった

7年前、癌のため57才でこの世を去った時は、人生の儚さを感じた。

確か亡くなる前年、長い間事実婚状態だったプロゴルファーの尾崎健夫さんと、尾崎さんの郷里、徳島県海部郡海陽町のホテルで町の人たちに見守られながら結婚式を挙げ、感動的なテレビ番組にもなった。

この時、長い間、母の再婚に反対していた長女らが認めたということが紹介されたから、良かったなぁと他人ごとながら祝福したものだ。

これ以上、母の名を汚さないよう、立ち直って欲しい

実はこの娘さんが、坂口さんの死後、メディアを賑わせている元タレントの坂口杏里(28)だ。
AV女優になったりホストクラブ通いしたり、警察の厄介になったり話題はいつもスキャンダラスなことが多かった。

坂口杏里

つい先日も住居侵入の疑いで警視庁中野署に逮捕された。元交際相手でホストの男性(30)の自宅マンションに侵入した疑いという。

坂口杏里は17年にも同じ男性に対し、恐喝未遂容疑で逮捕(後に不起訴処分)されており、今回で逮捕は2度目。

お母さんが真面目な女優さんだっただけに、往年の坂口良子ファンは何故?の気持ちだ。
坂口良子の名を汚さぬよう、何とかお母さんのために、立ち直って欲しい。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.