未分類

嫌な思いした女性の心に時効は無い?16年前の日村の淫行が写真誌に

投稿日:

忘れていたのは本人だけ⁈


本人も忘れていたであろう大昔の"淫行"が、話題になっている。ひとつは先日、私のブログでも紹介した19年前の高校教師と教え子の女生徒。

当時は付き合っていた2人だが、最近の2人のトラブルから、19年ぶりに東京都教育委員会の知るところとなった。

件の先生、定年まで半年を残し哀れ懲戒免職に。退職金もパーとなった。

都教委は『女生徒との不適切な関係に時効はない』と。

そして写真誌FRAIDAYに掲載されたバナナマンこと日村勇紀さんの、こちらは16年も前の淫行とか。

なんでも当時、日村さんと不適切な関係を持った女性がFRAIDAYに当時のことを告白した。

高校教師のケースはそれなりにニュースの価値はあったと考える。それも"生徒との不適切な関係に時効はない"という衝撃不埒な考えを持つ全国の先生たちに相当な抑止力となったのは、間違いない。

例え16年前でもと、賛否両論


しかしバナナマンのケースは賛否両論のようだ。何故かバナナに同情の声も多い。NHKはとりあえず番組を差し替えしたが、常識的な判断だと思う。

主な同情の声は16年も経ち、"事件"(青少年保護育成条例)しても完全な時効が成立している。女性が当時、21才だと歳を偽って接近した(淫行条例は年齢を騙されたことは免罪にならない)

女性の嫌な思い出に時効はない


しかし女性にとって嫌な思いに時効はない。特に相手がメディアで活躍する人気タレントの場合、ずっとその存在は過去のものにならない。

最近、バナナマンが"人気女子アナと結婚"とのニュースが流れたが、女性は16年前の思い出がフラッシュバックしたのかもしれない。

『 古い話をいまさら…』というのは、男の側の論理に過ぎない。

女性が訴えの場としてFRAIDAYを選択したことだけは、私は良く分からないが

それにしても講談社とFRAIDAY、もっと社会性の高いニュース写真は撮れないものか。喫茶店でしか見ないが、裸の写真、水着の写真が大半じゃないか。せめて大物タレントのW不倫とか、大物政治家の不倫とか見つけてきて欲しい。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.