未分類

子どもの虐待死は完全な殺人だ。結愛ちゃんの手紙をクズ親は読んだのか

更新日:


何度こんな事件が繰り返されるのか。こんな男女は生きている価値は無い!


いたいけな結愛ちゃん(5才)の顔を写真で見て、生きるために朝の4時から鬼のようなパパ、ママに一生懸命、書き残した手紙を読み、涙がとまらなかった。

耐えられないほど胸が締め付けられ、いろんなヤツに許しがたいほどの腹が立っている。

このクズ以下の男。そしてこのクズに捨てられるのが怖いのか、お腹を痛めたわが子を守ることさえできなかった母親…

そして相変わらずスローモーなお役所仕事で対応が遅れた児童相談所…

小さな女の子を快楽のために殺害する変質者同様、子どもを残虐なまでに虐待し、殺す親だけは許すのは無理だ。

今後裁判で人権派弁護士が、被告の生い立ちにも同情すべき点が多々あり云々……とか、情状を訴えるんだろう。そして懲役わずか5〜6年か。

極刑以上の刑があるなら、本当に適用して欲しい。


暴行は日常的、食事も与えず


義理の父親で東京都目黒区、無職船戸雄大(33)は、結愛ちゃんに日常的に暴行したり食べものを与えなかったと自供。母親の優里(25)は娘をかばって男の気持ちが自分から離れるのが怖かったと、いう。

浴槽に入れ水をかけたり、冬はベランダに放置。顔を殴ったり。1日200kcal(普通は1500kcal)しか食事を与えなかった。

暴行後、結愛ちゃんがぐったりしたが、虐待がバレるのを恐れ、病院にも連れいかなかったため、死なせた。

虐待は日常的に行われていたようだ。


児童相談所ってなんなんだ


そして児童相談所は何度こんなことが繰り返されても、やはり俊敏に行動し子どもを助けることができない。

優里の父親は「あの世で孫に謝りたいと、娘たちに腹わたが煮えくり返ると話していた。

虐待を知ったら直ぐに警察へ。とにかく児童相談所は子どもを渡してはいけない。

本当に繰り返すのはやめよう。

何度読んでも苦しい

ママ、もうパパとママにいわれなくても しっかりとじぶんから きょうよりか もっとあしたからは できるようにするから。

もうおねがいゆるして ゆるしてください。おねがいします。ほんとうにもうおなじことはしません

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.