未分類

"官邸の代理人"をトップにする定年延長。官邸は検事の怒りを知れ

投稿日:

安倍さんらは検察一体の原則を知らない


"検察同一体の原則"という言葉がある。基本的には公判手続き上のことなどだが、私はこの組織を見て感じたのは、この言葉にはもっと深い意味がある。

即ち検察は、検察官はどこにあっても一心同体。同じ価値観で同じ方向を向いて職務を遂行する。
いわば鉄の団結を誇る組織。私はこのように捉えていた。

だから"官邸の門番"、"官邸の代理人"などと検察官としては余りに情けなく屈辱的な呼び方をされる検事長の黒川弘務氏を、安倍官邸が最高ポスト検事総長につけるため、禁じ手まで使い定年延長したことに対し、大半の検察官は怒り心頭だろうと思っていた。

黒川検事長

なぜ禁じ手使ってまで黒川氏を定年延長させるのか

安倍官邸がそこまでして黒川氏をトップにしたいのは、過去に自民党のために事件を潰してきた功績があるからだと言われる。

だから公選法違反の疑いがもたれる桜を見る会やカジノ汚職の今後の展開に、安倍官邸が期待していると憶測を呼んでいるわけだ。

『巨悪は眠らせない』が検事のアイデンティティだ

検事たちはなぜ難しい司法試験(特に旧制度)潜り抜け、裁判官、検察官、弁護士の中から一番しんどい、金銭的にも恵まれないと言われる検事の道を選択したか。

それは極めて単純な理由だ。社会正義を実現させるーその一点だけだ。
つまり『巨悪は眠らせない』。この言葉こそが彼らのアイデンティティなのだ。
今回の人事はこの彼らの心に火をつけてしまった。モリカケ問題以降、特に正義の検察官にとって耐えがたい屈辱的な罵声が検察に浴びせられてきた。

黒川氏がトップだと巨悪を眠らせてしまう危機感

そして巨悪を眠らせる黒川氏がトップになることにひじょうに危機感を抱いている。検察が一堂に介した会議で静岡地検検事正の神村昌通氏が発言した。
指揮権発動についての条文を読み上げた後、『今回の(定年延長)ことで政権と検察の関係に疑いの目が持たれている。国民からの検察に対する信頼が損なわれる』と。森法務大臣、黒川氏本人もいた。全ての検事たちの心のうちを代弁したと言われる。

静岡地検検事正の勇気ある発言のあった検察会議。右は黒川氏


検事として働いてきた黒川氏が、最後の最後はこの人事を自ら断ることを私は期待しているが、さあどうだろう。
それでもこのデタラメな人事の最大の効用は、検事の正義感に火をつけたことだ。『巨悪を眠らせない』を、昔話にしてはならない。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.