未分類

家で人の気配を感じたら『そこにいるのは分かっとる』と怒鳴ってみよう

更新日:


もし侵入者がいたら、怒鳴ったら逃げるはず?


わが家の防犯対策。夜、人がいないはずの階下で物音がしたような気がしたり、留守のわが家に帰宅した時、何か変な感じがしたことはありませんか。こんな時皆さんはどうしてますか?

私は部屋や納戸などを見に行くのも怖いので、できるだけドスの効いたデカい声を張り上げ『おいっ!そこにおるのは、分かっとるぞ!』と、叫ぶことにしてます。家内からリクエストされることもあります。


幸い賊が逃げたことはありません


いままで、何十回もやりましたが、残念ながら?賊が逃げた様子は一度もありませんでした(笑)

なぜ叫ぶかというと、もし空き巣やら侵入者が家の中にいたら、間違いなくこの声に驚き、『しまった。見つかった!』と、大慌てで必ず逃げるはずです。

しかし万が一、賊が居直り刃物でも構えて向かってきたら大変です。そのために万が一に備え、怒鳴る時はこちらも心の準備は怠りなくです。

そもそもこの防犯対策は、息子が小学生の時に友だちから聞いて来たもの。「○○君のお父さんは、家で物音がしたら必ず『そこにおるのは分かっとるぞ!』と、怒鳴るらしいよ」と。

最初は息子が叫んでたんですがあまりに迫力がないので、私の役目となりました。

皆さんもぜひ試してみてください。怒鳴ってみてシーンとなり、人の気配がなかったら安心しますよ。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.