未分類

家族であるペットも普通に同伴できる避難所を

投稿日:


ペットは家族、一緒に避難は当然


ペットを飼っている人は自分のペットをみんな家族と思っている。地震や水害で被災してもペットを家に置いてきぼりにしたくない。なんとか一緒に逃げたいといつも考えている。環境省は避難所毎の判断としているが、これからは全ての避難所で、共に避難できる場所を提供することが行政にら求められている。

熊本の震災時、ペットと一緒に避難した人たち


この度の西日本豪雨に伴う水害では、広島、岡山、愛媛などで多くの人が被災した。同時に家族であるペットもともに避難した人も多かった。

しかし学校の体育館など主な避難所はペット同伴用とはなっていない。さらに犬や猫が嫌いな人もいる。このため多くの飼い主は他の避難者に遠慮して、学校の廊下や外で過ごす人が多かったという。


ペット同伴者に教室を開放した避難所も


これを見かねた獣医師が行政と掛け合って、ペット同伴者用に教室を開放した避難所もできた。人も動物も安心して過ごすことができたという。

3年前の茨城県常総市の大水害では、屋根に取り残された夫婦が愛犬2匹をしっかり抱いて救助を待ったが、自衛隊のヘリコプターが無事、救助。ご夫婦の家族だから当然、大切に助けたという自衛隊員の優しさ溢れる対応が、賞賛を浴びた。

多くの人が津波に襲われた東日本大震災では、大切なペットと離れ離れとなる悲劇がたくさんあった。東京電力福島第一原発の事故で放射能に覆われた地域にも、たくさんのペットが残された。

行政がペットも受け入れる避難所の態勢を常に整えてくれているなら、飼い主らは安心して家族であるペットと逃げる心の準備はある。ぜひ行政のリーダーシップを期待したい。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.