未分類

小林遼無期懲役判決は死刑廃止にも等しい。将来、社会に戻る可能性も

投稿日:

『同種事件に比べ、際立って残虐ではない』と、裁判長

女児の両親は「私たちの宝物である娘の命を奪った以上、死刑でも足りない。これでは娘が浮かばれない」と、弁護士を通じ悲痛なコメントを出した。親じゃなくとも同じ思いだ。

そして裁判長は死刑にしない理由として『同種事件に比べ際だって残虐とは言えない』とした。
この一連の犯行に対して、こうした表現を使う前例主義にもなんともやるせなさと怒りを感じる。

やはり死刑にはできなかったのか

新潟市西区で昨年5月、下校途中の小学2年の女児(当時7歳)を殺害、遺棄し、殺人や強制わいせつ致死罪など7つの罪に問われた元会社員小林遼被告(25)の裁判員裁判で4日、新潟地裁の山崎威裁判長は無期懲役(求刑・死刑)の判決を言い渡した。

山崎威裁判長は「抵抗できない弱者を狙った無差別的な犯行」と断じたが、「同種事件と比べて際立って残虐とまでは言えず、死刑は選択できない」と述べた。


判決によると小林被告は昨年5月7日午後、女児を車ではねて後部座席に乗せ、首を絞めて気絶させて連れ去った。同区の駐車場に止めた車内でわいせつな行為をした際、女児が意識を取り戻して声を上げたため、首を手で絞め殺害。遺体をJR越後線線路に遺棄し、電車にひかせた。

殺意は認めたが、計画性は認めず

弁護側は「首を絞めたのは気絶させるため」と傷害致死罪の適用を主張。「長くとも懲役10年が相当」としていた。

殺意の有無が争点となったが崎裁判長は、首を絞めた行為を「人が死ぬ危険性が高いことは子どもでも分かる」と殺意を認定したが、計画性は否定した。

小林が女児を物色するためクルマを走らせたのは計画的じゃないのか。

拉致するためクルマではね、わいせつ行為のあと殺害。さらに数時間後、死後硬直した後もわいせつ行為を働く異常性。

事故に見せかけるため遺体を線路に置き、列車に轢かせた。この残虐性は際立っていないのか?

以上、これらは同種事件に比べ残虐性は際だっていないのか?同レベルの事件はそんなにあるのか。何とも言葉にならない判決だ。

もし社会復帰した場合、小林にだれが責任を持つのか⁈

無期懲役でも小林は将来、40代で社会に出てくる可能性は極めて高い。女児殺害後、さらにSNSで女児を物色していたという異常な行動も重ねた。

もし、小林が社会に出ることがあれば誰が責任を持つのだろうかと思う。もちろん完全に更生すれば別だが。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.