未分類

小池知事のツイート炎上したが、バンクシーの落書きなら保存は当然

投稿日:

 

たまには小池さんの味方をしたい

物事にはいつも例外はあると思う。小池百合子都知事が無邪気にツイートしたことが、SNSで波紋を呼んでいる。
流石に今回は小池百合子の味方をしたい。

"あのバンクシーの作品かもしれないカワイイねずみの絵が都内にありました! 東京への贈り物かも? カバンを持っているようです"

これが小池さんのツイート。落書きの前で、小池百合子知事が写真も撮影し、一緒に投稿した。

 

本物なら日本初の落書き

落書きは東京都港区のゆりかもめ・日の出駅近くの防潮扉に描かれていた。そしと実はこれ、ただの落書きではなく、世界的に有名な正体不明のアーティスト、バンクシーが描いた可能性があるという。

都はその扉を取り外し倉庫に保管、専門家に依頼し真贋を見極める。

バンクシーは世界各地の路上や壁に風刺をきいた落書きを残しており、オークションで「1億円」で落札された作品もあるほど人気が出ている。
昨年もオークションで落札直後に、額から絵が落ち、内臓したスレッダーでズタズタにされるなど、話題を呼んだ。

仮に、このの落書きが本物でならバンクシーの落書きは日本初と言われている。
都の担当によると最近のものではなく、10年以上前から防潮扉に描かれていたのを知っていた都職員もいたとか。

担当課が正式にこの落書きの存在を知ったのは、2018年末に都民から情報提供を受けてからで、そのあとバンクシーと結びついたという。

落書きは全て犯罪なのか⁈

この小池さんのツイートに、めんどくさいコメントが殺到し、炎上している。
『バンクシーだろうがなんろうが、落書きは落書き、犯罪だ』とか、
『有名な人の落書きは何も問題ないのか』など、誰が描いても公共物への落書きは犯罪だから、小池さんが特別扱いするのはおかしいと、いう意見だ。

落書きは親告罪だ。警察に届ければ捜査はしてくれる。じゃあ自分の家の壁にもしバンクシーが落書きしたら、怒って警察に届ける人はいるんだろうか。

東京都が保管したネズミの絵は、これから専門家が調べるが、この絵はバンクシーの映画や作品集に出てくるから、専門家は本人の作品の可能性が高いとみる。

さらに日本で翻訳・出版されている作品集に、同じようなネズミの絵も。写真の下には「東京 2003」と記されて、周囲のボルトや地面の状況も似る。
私は本物だと思う。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.