未分類

就業年齢、いよいよ70才まで。年金支給も先送りがセットかな?

投稿日:

70まで皆んなが元気で働けたらいいけど…

いよいよ70才まで働ける、というか、働かされる時代になってきた。
当然、みんな長生きしてるからヒマだろう、というものではなく、少子高齢化社会の中で、若年労働人口の急減に加え、今だけの社会保障制度が維持できなくなってきたからだと、誰もが分かっている。

安倍総理が前面に押し出してきたから、恐らく制度の構築は早い。間違いなくセットで年金支給も先送りになるだろう。安倍総理が議長の、未来投資会議でさっそく議論が始まった。

みんなが元気ならそれもよろしいかと考えるが、やはり60、65とかに年齢を重ねると、それぞれ健康上、体力的に問題が出てくる。大きな差が出てくる。

健康に個人差。年金支給は一様にとはいかないだろう

年金支給開始についてはそうした個々の問題も解決しなければ、だれもが『70才まで就業できるんだから、年金支給も70才な』とはいかないだろう。
肉体労働はもちろんだが、早い社会の動きの中で、職種によっては高齢者の生産性についても疑問を感じる部分もある。

"元気で死ぬまで働くこと"は、多くの理想だが、一気に"70才まで"に踏み切ることには解決しなければならない問題もあまりに多い。
そして高齢者だけの問題ではない。今のように若者が売り手市場なら良いが、いつもこうした経済情勢とは限らない。時代の流れ次第では、若者より多い高齢者が、若者の仕事を奪う可能性もある。
さらに年金制度の行く末に不安を感じる若者も多い。

55才定年、今は昔

高齢者の運動能力は過去10年間で約5歳若返っており、内閣府の調査によると60歳以上の8割程度が70歳以降まで働くことを希望している。
われわれが社会人になった頃は55才が定年だった。新人から見たら随分、お爺さんに見えたが、今ならまだこれからの年齢。
まあ、元気なのは間違いない。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.