未分類

就活アプリを"出会い系"みたいに使うとは!大林組のゲス社員

投稿日:

 

藁をもすがる思いの就活生を弄ぶ

"就活セクハラ"ということばができるほど、就活の女子大生の弱味につけ込むゲスがあとを絶たない。

そしてこの男は最低のゲス野郎と言われても仕方がない。藁をもすがる思いの就活女子大生を、マンションに連れ込んで無理矢理のわいせつ行為とは。

警視庁に強制わいせつ容疑で逮捕された東京都港区、宗村港容疑者(27)は、大手ゼネコン大林組の社員だった。法政大学卒とか。

宗村容疑者と大林組

普通サラリーマンが犯罪を犯してメディアに名前が報じられる時は肩書きは『会社員』が一般的だから、『大林組』は破格の扱い。会社は打撃だろうな。

宗村は就活アプリで知り合った女子大生を喫茶店で待ち合わせた後、言葉巧みに自分のマンションに誘い込み、無理矢理わいせつな行為を働いたという。

就活アプリは出会い系じゃないぞ!

リクナビは知っているが、こんな形の就活アプリというのは知らなかった。最近は多くの就活生が利用しているとか。
社会人と大学生、双方が登録。自分のデータを細かく記載しておけば、希望の相手と繋がる。
例えば商社マンが後輩のためにアプリに登録しておけば、商社志望の就活生から連絡が入るかもしれない。
メッセージのやり取りだけでも構わないが普通、OB訪問、先輩訪問として学生が訪ねて行くケースは多い。

まあ、この宗村というゲス野郎は、結果的にこのアプリを出会い系のように利用したのだろう。

就活生は人生で一番というくらい会社選びに真剣だ。わが家もかつては娘と息子2人が就活をした時代もあったが、話しを聞いただけで大変そうだった。
だからこのゲス野郎は許せない。

頼りにされたら応えるのが先輩だ

娘は良いスジを掴むのが上手く、行く先々で良い先輩に恵まれ、良いアドバイスやエントリーシートの書き方を学び、第1志望など軒並みやりつけていた。

そんな訳で社会人になった娘のところへも、いろんな大学の後輩が訪ねて来るとか。自分がお世話になった分、全力でアドバイスするようだ。

それほど、就活生にとって社会人の先輩は頼りにすべき存在。だからこの男の卑劣さがいっそう際立つ。

大きな報道に驚いているムキもあるだろうが、許してはいけない犯罪だと考える。
大林組も社員の管理をしっかりな。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.