未分類

山Pが17才の女子高生と飲酒した後、高級ホテルへと、文春砲

投稿日:

芸能人スキャンダルは多々ある。山P本人や事務所がどう判断しているかは分からないが、これはかなり深刻な問題だ。場合によっては"東京都青少年の健全な育成に関する条例"の違反に問われる可能性もある。

17才女子高生と飲酒し、高級ホテルは、笑ってすまない

ジャニーズ事務所所属の山Pこと山下智久(35)が、女子高校生らと飲酒したあと、17才の子と高級ホテルで落ち合ったと週刊文春に報じられた。オヤジ世代から見てもナイスガイと思っていただけに、意外な話しだ。

女子高生もう1人の18才と2人いたが、山下とホテルに入った女子高生モデル(17)は、あまりに文春が詳しく周辺情報を伝えたから、数時間後にはインスタグラムなどから身元がバレ、炎上してしまった。

文春も少しやり過ぎだとは思うが、これは今後、文春と女の子の間の問題。
今回、重要なのは35才の男が17才の女子高生と一緒に酒を飲んだあげく、ホテルで長時間、過ごしたことだろう。

17才との飲酒もホテルも、東京都の条例に違反する可能性も

文春によれば山下智久は仲間の亀梨和也ら何人かとの飲み会をしていたが、同じバーで居合わせた女子高生らと、経営者の紹介で合流したという。
そして解散したあと山下のいるホテルに17才の女子高生が向かい時間差で合流したと、写真付きで報じている。

深夜、バーで女子高生に酒を飲ませたこと。そしてホテルで性的関係を持てばこれらはいずれも"東京都青少年の健全な育成に関する条例違反"の疑いが出てくる。場合によっては処罰対象となるケースもあるのだ。

飲み会は亀梨も一緒だった

都条例は深夜、青少年と過ごすこと自体を否定する

例えばこの条例では《何人も、保護者の委託を受け、又は同意を得た場合その他正当な理由がある場合を除き、深夜に青少年を連れ出し、同伴し、又はとどめてはならない》

《何人も、深夜に外出している青少年に対しては、その保護及び善導に努めなければならない。ただし、青少年が保護者から深夜外出の承諾を得ていることが明らかである場合は、この限りでない》などとある。

そして飲酒はともかくホテルで8時間も過ごしたことは、どう釈明するのか?
同条例では『青少年に対する反倫理的な性交等の禁止』にこのように記されている。《何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない》と。

バーも山下らも、未成年で女子高生と知らなかった?

酒を提供したバーは、彼女たちが未成年の女子高生とは知らなかったとしている。だから山下らも分からなかったはずだと。しかし山下とホテルへ入った子は女子高生モデルとして有名ではなかったんだろうか。

当然、山下らとジャニーズ事務所は彼女らが未成年、あるいは18才未満だと知らなかった。ホテルでは何もしていないと主張するだろう。

ジャニーズ事務所所属のタレントは、最近、いろんな問題が相次いでいる。やはり有名人であること、35才である自覚を強く持つしかないだろう。

山Pのスキャンダルは一般に置き換えても大変で、社会的にも笑って済ませる話しではない。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.