未分類

岡山女児殺人 勝田受刑者の異常さ。なぜ野放しだったのか⁈

更新日:


勝田受刑者、なぜ野放しに


岡山県津山市の小3女児殺害事件は、別の女子高生殺人未遂事件で懲役10年の実刑判決を受け服役中の勝田州彦受刑者(39)が犯行を自供、14年ぶりに解決に向かう。

この異常な男の犯歴を見るにつけ、勝田が重ねた事件の合間、ほぼ野放しになっていたこと出所から間もない殺人未遂事件の高裁判決がわずか懲役10年であったことに、改めて疑問を感じざるを得ない。

怖がる顔、流れる血を見たい

女の子の怖がる顔が見たい、流れる血を見たい…稀有の変質者がなぜ野放しになったのか。


5人少女を次々と襲いわずか懲役4年。その5年後、女子中生殺人未遂事件


現在の服役中の事件は、2015年5月、姫路市の路上で、面識のない中学3年の女生徒の胸や腹を、突然ナイフで刺した殺人未遂事件。

そしてこの犯行の5年前、勝田は少女に対する5件の事件で立件され、4年間服役していた。

これは小学1年生から高校3年生までの少女5人に対し、すれ違いざまに殴ったり、ドライバーの先で突いたりした非常に凶暴性が高いもので、小学1年の女児は内臓出血の重症。

しかし、これだけの犯行でわずか4年の懲役にも驚き。出所後間もなく、また殺人未遂事件を起こした訳だ。

この事件では裁判を通し、勝田の異常性が明らかに。裁判官は少女のシャツが血に染まるのを見たいという、特異な性癖から少女を狙ったーと、はっきりと動機をあげていた。

そしてこうした重大事件から遡ること10余年。実は津山市で女児を殺害していた訳だ。まだまだ余罪が出てくる可能性は高い。

まだ39才

恐らく女児殺害を自供してなかったら7年後に出所だ。治療を受けない限り、こうした異常な性癖は治るはずもなく、また犠牲者が出た可能性は高い。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.