未分類

徳島は何と80%が英国型変異株だった。阪神との往来からか⁈

投稿日:

大阪、兵庫で感染爆発が止まらないが、イギリス型変異株であることが分かってらいる。本場イギリスはロックダウンの成果とワクチン接種が急速に進み、感染者は激減してきたが、日本が変わって引き受けているのだ。

何と徳島の感染者の80%超が英国型変異株の可能性

そして大阪、兵庫と地理的、経済的、文化的に身近で繋がりが深い徳島県も連日、クラスターによる感染が続いているが、なんと80%が英国型のようだ。

いつの間にと思うがやはり阪神地区からのものだろう。
春休み、京阪神へ帰省していた大学生らも戻って来たから、また一気に拡大する可能性は高い。
大阪や兵庫の感染拡大が続けば、徳島へも間違いなく感染は拡大してくる。

会見する飯泉知事

阪神との不要不急の往来は当分、控えるべきだろう

徳島県は新型コロナウイルスの変異株に関するスクリーニング検査を行っているが、抽出した感染者24人のうち何と8割を超える20例で英国型の感染疑いがあることが判明したと、発表した。

それによると県立保健製薬環境センターで5日、3月30日から4月4日までの感染者のうち24人分の検体を調べたところ、20例で変異株の疑いがあることが分かったという。

この検体はさらに東京の国立感染症研究所( に送られ、ゲノム解析が行われるが、英国型変異株に間違いないだろう。

連日、クラスター関連で20人近い感染者が出ているが、阪神地区へ行っていたとのケースは結構、ある。大阪や神戸との不要不急の往来は極力、控えた方々が良さそうだ。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.