未分類

徳島病床使用率58%でステージ4。南海病院は52人感染まだ続き

投稿日:

病床使用率はステージ4で既に逼迫しつつある

徳島県がいつの間にか病床使用率58%となり、ステージ4(同50%以上)とかなり深刻な状態になってきた。
鳴門市の南海病院のクラスターはすでに3週間が経つが連日、感染者が拡大し、52人にも及ぶ。

大阪、兵庫が10日は過去最多で、合わせて1260余人もの感染者数だから、隣県の徳島だって今後、相当な影響を受けるのは必至だ。
イギリス株が8〜9割だからさらに感染は拡大するだろう。

徳島は東京や大阪と異なり、これまではクラスターの感染源がほぼ確認できてきたが、あちこちでクラスターが増え続ければ一気に入院が増える。

今後、さらなる感染拡大が心配される

週/120人にもなりさらに変異株の猛威で感染拡大も

1週間毎の感染者数は4週連続で増え続け、120人にもなっている。病床使用率はさらに増えることが予想される。

入院できず自宅待機は都会のこととたかを括っていた県民も深刻にならざるを得ないだろう。

飯泉知事はこうした状況を踏まえて、初めて飲食店に対し16日から時短営業措置をとることを決めた。

時短も大切だが飲食店には完全な感染対策の指導をすべき。
のんびりし過ぎたのか、あまりにも感染対策ができていない飲食店が多すぎる。

初めて時短措置を打ち出した飯泉知事

南海病院クラスターは連日増え続け、すでに52人にも

南海病院のクラスターも心配だ。精神科の専門病院だが、400床余りのベッド数であり、入院患者が次々と感染しているし、医師や看護師にも感染者が出ている。

感染拡大がなかなか収まらない南海病院

一般総合病院と異なり地域への影響は少ないが、高齢の入院患者は多く、感染を止めないと、連日増え続けていくだろう。

12日も2人の高齢入院患者の感染が判明したが、ともに濃厚接触者無しなどとなっているが、これもよく分からない。
とにかく南海病院の感染拡大を抑えるために県も全力をあげるべきだ。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.