未分類

愛しのベネチアが水浸しとか…歴史的な建物の傷みが心配です

投稿日:

歴史的価値のあるホテルも水浸し

イタリア・ベネチアが水害で大変なことになってますね。2度いきましたが大好きな街なので心配です。
ゴンドラ乗り場の前に建ち並ぶホテルは築300〜400年。建物そのものが文化財みたいなホテルばかりです。1階は水浸しみたいだから、痛まなければいいのにと、気になるところです。

カプチーノを飲みぶらぶらしたサン・マルコ広場も50〜60センチの水に覆われているようです。みんなズボンを捲り上げ、通勤しているのがイタリア人らしく、やはり水害には慣れているようです。

 

私は外国旅行はそれほど好きではありませんが、イタリア、特にベネチア、ローマならひとりで半年は暮らせる自信があります。
それくらいラテン系の人は付き合い易いし、何より食事がどの国よりも日本人には合うのでは。パスタは毎日でもOKです。

ベネチア中心部はクルマは侵入禁止。だから水の中を歩いて通勤

ベネチアといえばゴンドラですが、もちろん乗りました。あと湾にはたくさん棒が立っていますが、棒の近くは浅くなっていて船が座礁するから危険、近寄るなという目印とか。
バイキングと言われる海賊が攻めて来れないよう、敢えて浅瀬を人工的につくってあります。

市内中心部の旧市街はクルマの乗り入れができません。だからみんな自転車やバス、地下鉄で通勤をしています。クルマの渋滞はないし空気は綺麗し、外国からの観光客にはとても優しい街です。
朝夕の通勤風景に出会いましたが、やはりファッションの街。普通のサラリーマンやOLがエラいカッコいいのにも感動しました。

でもみんなGUCCIやBVLGARIを身につけている訳ではありません。東京の方が遥かに多いとおもいます。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.