未分類

慶大アメフト部の"著しく不適切"な不祥事は女風呂の盗撮だった

投稿日:

慶応義塾大学は近年、なぜこんなに下半身系の話題が多いのか。性的暴行だのわいせつだの、はたまたミス慶応がらみでスタッフのセクハラ騒ぎなど。今度はアメフト部員の盗撮とは。

男らしいはずのアメフト部員が女風呂をのぞき、盗撮とは

そしてこの度、強豪のアメリカンフットボール部が、部員の不祥事で無期限活動自粛を発表した。

その不祥事の内容について体育会とアメフト部が連盟で「部内において、複数の部員による"著しく不適切な行為"があったことが認められた」と、発表したことが、余計に疑惑を。
著しく不適切な行為ってなんだと、さらに話題を呼んでしまった。

盗撮は重大な犯罪、普通は警察の逮捕事案だが、活動自粛だけ?

詳細は教育的及びプライバシー保護の観点から公表できないとしていたが、あっという間に漏れ伝わってきたようで、スポーツ新聞などにスッパ抜かれるのちは、時間の問題だった。

関係者らの話しでは、今年8月の夏合宿中、一部の部員が女子風呂の女子学生らを盗撮した。被害者の人数は2桁に上るという。

しかし、これだけ多数の被害者がいながら、不祥事発表は2カ月も経っていた。被害者にしたら全く心穏やかではないだろう。そして著しく不適切どころか、完全な犯罪だ。盗撮は普通、逮捕事案だ。

こうした集団の中での盗撮の恐ろしさ、犯罪性は、被害者の写真があっという間にあらゆるところに拡散し、大変な人権侵害になることだ。

SNSの時代は昔のようにカメラで盗撮などと、わけが違う。大学としても犯罪として重大に受け止めて欲しいものだ。

慶大アメフト部は関東1部上位のTOP8リーグ所属。今季はここまで2勝1敗だが、第3節で優勝候補明大に初黒星をつけ、優勝争いに踏みとどまっていた。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.