未分類

招かれた知人宅で隙を見て友人妻にキス!この総務官僚、冒険家か

投稿日:

招かれた家で無理矢理そこの奥さんにキスとは!

しかし家族ぐるみで付き合いのある知人宅に親子で招かれているのに、知人が目を離したスキに知人の妻に無理矢理キスするとか、こんな大胆な冒険は、普通は犯さない。

またしても文春砲。知人とその妻は警察に被害届を出し、件この男は強制わいせつ容疑で東京地検に書類送検された。

家族ぐるみの付き合いなのになぜ?
普通のサラリーマンならどうってことはないが、なんと送検されたのは総務省で通信関係の業務に携わる、30代半ばの現役官僚だ。

4月のとある週末、家族ぐるみで付き合いがある知人男性宅に親子で招かれた時の出来事。

知人夫妻と男は3人でダイニングで酒を飲んでいたが、途中、知人はベランダへたばこを吸いに。

あとで合流した男の弟とベランダで話し込んでいる間に官僚は知人の妻に狼藉に及んだらしい。
子どもたちは別の部屋で遊んでおり、この10分くらいの間、リビングで知人妻と官僚が2人だけになっていた。

奥さんはさぞかし気持ちが悪かっただろう

男はソファーに座った知人の妻に襲い掛かり、首や耳を舐めたり、強引にキスをしたりしたという。

男は『触ってしまったことは事実だが、強制わいせつではなく、行き過ぎたイタズラではないけれども、先方も嫌がってはいなかったと思っている』と、なんとも勝手な言い分だ。強制わいせつか否かは、相手が決めることだ。
友人や知人の奥さんを、魅力的だと思うことは誰でもあると思う。
しかしこれは大胆というより、ちょっとコイツ、大丈夫なんだろうか?
もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.