未分類

政治の無策、日本も医療崩壊へ。世界のコロナ死者は9秒に1人!

投稿日:

世界の新型コロナウイルス感染での死者はついに150万人を突破した。最近は9秒に1人がコロナで死んでいるというから、こうしている間にも犠牲者は増えているんだろう。わが国も連日、感染者も重症者も最多記録を更新し、医療崩壊が現実のものとなっている。

コロナは患者1人に医療従事者は8人必要

100年前ならスペイン風邪並みの恐ろしさだった

医療の発達した現代でこの数字だ。恐らく中世や100年前であればペストやスペイン風邪並みの恐ろしさだったかもしれない。

あまりの実用化の早さに治験不足を怖がる人も多いが、いよいよワクチンもロシアや欧米で投与が始まる。

これまでに世界では6500万人が感染している。もちろん連日、何万人単位で増えている。

世界の人口は78億人だから、なんと100人に1人近くが感染したことになる。感染者は増え続けているから、世界の1割以上が感染するのは確実だ。

世界ではいま、毎日、1万人の死者が出ている

第3波は凄まじくこの2か月で50万人が死亡、この1週間は毎日、1万人の死者が出ている。

死者は150万人を超えたが、最も多い国はアメリカでは27万人を超えた。中南米の死者も45万人を超えており、南北アメリカ大陸だけで世界の死者の半数だ。

日本では5日、東京の感染者が584人でついに過去最多となった。
これまでの感染者は累計16万人となり、死者は2341人だ。

重症者は500人を大きく超え、都市部では医療崩壊が起こりつつある。コロナ専門病院の医師や看護師は体力的にも精神的にも限界がきている。

大阪、東京…都市部ではついに医療崩壊が始まった

政府の分科会は感染状況を4つのステージに分類し、最も深刻なステージ4は爆発的な感染拡大で医療提供体制が機能不全に陥るおそれがあるとしている。

最大確保できる病床の使用率50%を超えるとステージ4だが、兵庫県、北海道、三重県が超えた。

重症患者に限った使用率では、大阪府が57.1%とステージ4の指標(50%)を上回り、東京都が49.2%、沖縄県も49.1%とその水準に迫る。

精魂尽き果てているコロナ担当の医師、看護士ら


看護士たちの離職も相次ぎ、大阪は自衛隊に要請

命がけの過酷な仕事の中、かたや国がGo Toに旗を振る現状を見て彼ら、彼女らはどんな思いでいるのだろう。
感染者が増えるほど、彼らの勤務は過酷どころではない。命を削る思いでコロナ禍と戦っているのだ。

カネで解決できる問題ではないが、ドクターや看護士の給与を少なくとも半年、1年は2〜3倍にしたってバチは当たらない。

アベノマスクや電通中抜きのカネがあれば十二分にできるはずだ。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.