未分類

政治家の資質ゼロ。戦争発言丸山穂高、議員辞職はしないと居直る

投稿日:

 

わずか3期目でもお騒がせ多く

以前から変なヤツだとは思っていたが、こんなヤツが衆院議員に3度も当選してきたとは、改めて嫌になる。
まだ3期目のチンピラ議員だが、メディアは結構、騒がせてきた。

初めては確か週刊新潮。銀座のクラブのアルバイトホステスだった東大女子学生に、自分から『付き合ってください』と言いなが、一回やったら後は知らん顔みたいな記事だった。

次は酒に酔って東京蒲田駅前で喧嘩し、相手の手に噛み付いた事件。

そして衆院選挙の総括を巡ってツイッターで日本維新の会、松井一郎代表に失礼なモノを申し、橋下徹さんに厳しく叱責され、維新を出る出ないのトラブル。
そして今回は北方領土に出向いての、戦争で領土を奪還する云々のメガトン級の暴言だった。

孤立無援でも鼻息荒く反省なし

野党からは辞職勧告決議案を出されシュン太郎と思いきや20日、国会に姿を見せたが、鼻息は荒い。
何がこいつをここまで張り切らせているのか、首を傾げるばかりだ。

 

野党が提出した議員辞職勧告決議案に関しては「発言に対して出すのはゆゆしき事態だ。言論の府が自らの首を絞めかねない。可決されても絶対に辞めるわけにはいかない」と国会内で記者団に勝手な持論を展開した。

自身の発言については「全くもって、憲法の理念を逸脱しているとは考えていない」とも強調したから、反省などはしてないのだろう。

除名された維新がロシア側に謝罪した対応を巡っては「ロシアに誤ったメッセージを送ることになる」と改めて指摘、批判した。
そして松井代表が丸山をアルコール依存症云々とツイートしたことには憤慨。謝罪を要求した。

東大ー経済産業省ー松下政経塾を経て衆院議員。全てストレート。これでとりあえずエリート人生は終了。
橋下徹さんも『こんなヤツを公認した僕の責任』と言い、辞職勧告より選挙で落としてくれればいいと言っている。
二度と選挙で当選することはないだろう。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.