未分類

東京地検特捜部、久々の開店。旬のカジノでバッジ標的か⁈

投稿日:

カジノ誘致で東京地検特捜部、狙いはバッジか?

長らく開店休業状態だった。権力に牙を抜かれたのか、安倍政権の不祥事は見て見ぬふりをしてきたかのようだった東京地検特捜部がやっと動き出した。

もちろんまだどうなるか分からないが、狙いは自民党の秋元司衆院議員(東京15区)か。バッジを標的にしたのは、鈴木宗男さん以来だから何と17年ぶり。

田中角栄、金丸信ら泣く子も黙る強大な時の権力者に手錠をかけたことに比べたらずいぶんと小者だが、旬のカジノというのが香ばしい。今度こそやるんじゃないかと思う。

秋元衆院議員から事情聴取の一方、議員会館までガサを

既に任意で秋元議員の事情聴取を行った。さらに個人事務所だけでなく、議員会館事務所もガサ入れした以上は、特捜も引くに引けない。年内には決着をつけるんだろうか。

東京地検特捜部が自民党の秋元司衆議院議員の事務所を家宅捜索 IR関連中国企が海外から現金を不正に持ち込んだとされる事件に関連して

特捜部が捜査しているのは、カジノを含む統合型リゾート(IR)への参入をめざしていた中国企業関係者が、現金数百万円を不正に国内に持ち込んだとされる事件。

この事件では、秋元氏の元秘書の自宅などを外国為替及び外国貿易法(外為法)違反容疑の関係先として捜索しており、中国企業との関係などについて、慎重に調べている模様だ。

カジノ参入に絡む贈収賄事件にしたい特捜部

数百万円は何に使ったか。誰に渡したかという読みだが、なぜこの中国企業が秋元議員の秘書と繋がったのかは、まだ分かっていない。

特捜部はこの中国企業の都内にある日本法人も捜索。この企業が北海道留寿都(るすつ)村のIR事業への参入に意欲を示していたことなどについて、北海道の関係者からも話を聞いている。

参入にからんで現金が不正に持ち込まれた可能性もあるとみて、使途などを調べているとみられる。

カジノ参入のための賄賂もしくは活動資金とみているのか。
たかだか数百万円の持ち込みで、普通は外為法違反事件はやらない。

秋元衆議員IR担当の内閣府副大臣だった

秋元議員は17年8月から今年9月まで内閣府副大臣を務め、昨年10月まではIR担当。沖縄のシンポにも中国企業のCEOとともに出席して講演していた。

仮にカジノに絡み国会議員が何らかの立件をされるようなことになれば、カジノ誘致を目論んでいる関係者にも影響を与えるのは必至だ。

秋元議員は自らのツイッターで東京地検特捜部の捜査と自分との関わりを全面否定している。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.