未分類

案ずるより産むが易し。心配が現実になるのは僅か5%しかない

投稿日:

不幸が現実になるのは僅か5%だから、心配性には朗報だ

生きている限り心配のタネは尽きない。しかし日本には昔から『案ずるより産むが易し』ということばがある。

これは心配で不安でなかなか一歩踏み切れない時でも、腹を決めて行動に移したら心配するほどのことでもなかった、割と上手くいったという例えだ。

実はこのことばと似たようなことを、データで裏付けた研究がアメリカのペンシルバニア大学で行われた。

それによると心配していたことが現実のものとなってしまうのは、わずか5%しかないことが分かったという。
心配性には何よりの朗報だ。

ペンシルバニア大学

日本の格言の正しさペンシルバニア大学のデータが裏付け

案じた事が現実になってしまうのはわずか5%なら、日本の古い格言も科学的に裏付けられたということか。

ペンシルバニア大学の研究によると、心配事の79パーセントは実際には起こらなかった。
そしてさらに残りの21パーセントのうち16パーセントの出来事は事前に準備をしていれば、対処が可能だった。

つまり心配事が現実のものとなるのは残りわずか5パーセント程度という結果となった。

この5%が少ないか多いか。心配性な人はそれでも心配かもしれないが、100のうち5回はなかなか当たらないとおもう。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.