未分類

桑子、和久田両アナは魅力的だなあ。NHK朝晩のトレードは大成功

投稿日:

ニュースやバラエティ番組の華である女子アナウンサーは、どのテレビ局も人材確保に力を入れているが、最近はNHKが最も充実し、層が厚いのではないだろうか?桑子真帆、和久田麻由子の2トップを見ると、ますますその感を強くしている。

民放女子アナでは太刀打ちできないNHK女子アナのレベル

恐らくNHKと東京の民放4社(テレビ朝日、TBS、日本テレビ、フジテレビ)なら、入社試験はたくさん採用枠のあるNHKが1番、易しいのが定説だ。

しかし元々の性格、学力、佇まい、社会常識、さらに入社後の教育で、入社後は民放と大きく実力の差がつくのは否めない。

その昔、民放でなぜか人気を集めた漢字が読めない、常識が無いというおバカキャラは、報道番組がテレビの主流となってきた昨今は、全くウケない。

桑子、和久田の2枚看板、トレード後もそれぞれ大活躍

で、女子アナ人材がひきもきらないNHKにあって、やはり『おはよう日本』の桑子真帆(33)『ニュースウォッチ9』の和久田麻由子(31)が2枚看板だ。

3月末、大型トレードで、朝、晩を2人が入れ替わったが、ともに視聴率は上々だ。
しかし女性キャスターが入れ替わるだけで、これだけニュースの雰囲気が変わるものなんだと、少し驚いている。

和久田アナの理知的な美貌は秀逸。弱点はスキのなさ?

桑子さんがあまりにも人気があったから、この後、夜9時は和久田さんで大丈夫かと思ったが、やはり東大出身の才媛だ。新聞なら1面にあたるNHKよ9時のニュースでの正確なアナウンスと的を得たコメントは光る。


落ち着いた理知的な美貌は、民放女子アナではとても太刀打ちできない。いつのまにか有馬キャスターを食ってしまった。近い将来はNHKの大先輩・膳場貴子さんみたいに、報道番組を1人でも仕切れるんじゃないだろうか。

有馬キャスターや天気予報の斉田さんは、いかにも癒し系だった桑子さんの時の方が楽しそうではあった。弱点はスキがなさ過ぎるところかもしれない。

朝から視聴者を癒す桑子アナは朝向きだったかも

桑子さんが朝にいってしまったのはファンとしては残念だったが、こちらも朝から笑顔も爽やかで、和久田さんの時以上に高感度は高そうだ。

どちらかと言えば癒し系の桑子さんの方が、朝の番組は向いていたのかもしれない。2人を入れ替えたNHKの上層部は、ホッとしているかもしれない。

コロナウイルスの感染拡大で、各局とも報道番組の視聴率が軒並み上がっている。そうした中、この2人はNHKにとって極めて強力な存在だ。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.