未分類

池袋駅立教大生殺人事件、捜査打ち切りへ。でも犯人よ時効は無いぞ

投稿日:

今なら防犯カメラで犯人を追跡し、犯人は難なく逮捕されたかもしれない。しかし24年前の事件。犯人の似顔絵ではついに真犯人に辿りつくことはできず、警視庁は捜査を終結する。時効が撤廃された殺人事件としては異例の措置だが、遺族が求めた。

帰宅ラッシュの池袋駅ホームでの殺人事件だった

度々、ニュースになったから、覚えている人も多いだろう。1996年4月11日午後11時30分頃、池袋駅の山手線外回り7・8番線ホーム。立教大学の男子学生が(当時21歳)が男に絡まれ、顔を殴られて転倒した際に後頭部を強打。5日後に入院先の病院で死亡した事件だ。

犯人はこの後、山手線で日暮里駅方面に向かったというが、その後の足取りは不明となっている。
男子学生は帰宅途中で、犯人の男との何らかのトラブルに巻き込まれたとみられている。

傷害致死から殺人事件切り替わり時効は撤廃

当初は傷害致死事件として扱われていた。しかし2002年7月に被害者の父親が3万5000人分の署名と公訴時効延長を求める嘆願書を法務省に提出。その結果、傷害致死罪の公訴時効(7年)成立直前の2003年3月に容疑が殺人罪(当時15年)に切り替えられた。

そして2010年4月に殺人罪の時効が撤廃されると同時に、警察庁の捜査特別報奨金制度対象事件となった。

以上がこれまでの経緯だが、遺族が『他の事件捜査の負担になってはいけない』と、捜査打ち切りを求めていたため、警視庁が2020年12月11日に容疑者不詳のまま書類送検する予定。この結果、捜査は未解決のまま24年ぶりに終結する。

犯人は必ず都会のど真ん中で、普通に生活しているはず

こうした未解決事件を知る度に思うのは、犯人はどこで何をしているのだろう…ということだ。
当然、当時は大きいニュースになった。なぜ出頭しなかったのかと思うし、この24年間、どんな思いで殺人犯としての生活をしてきたのだろう。

今度は捜査打ち切りのニュースも当然、生きていれば目にするだろう。ホッとするのか。罪の意識は晴れないのか。ひとつ言えることは捜査は打ち切る。しかし殺人事件に時効はない。犯人の男はこれからも殺人犯なのだ。

目撃談では犯人は24歳~38歳。身長は170~180cmでがっしりした体格。右の目尻に3つの古傷があり、目つきは据わっている。また、二重あごである。サラリーマン風(全て当時)

まだ社会の中に潜んでいるはずだ。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.