未分類

津田梅子が左右反転?新聞では"裏焼き"と言い大きなミスなんだが

投稿日:

 

左右反対の写真、失礼じゃないのか⁈

写真が左右、反対になって印刷されることは新聞社では『裏焼き』と言って製版の段階での大きなミスとされる。

場合によっては紙面での訂正文や、担当者は始末書ものになることもあります。
基本、ミス云々より大変失礼な行為になるからだ。

しかし新5000円札となる津田梅子さんのケースもおかしい。どうも顔を内側に向いてもらうために写真を改造、"裏焼き状態"にしたことが指摘されています。

左が原画

この写真を提供した当の津田塾大側は「写真が反転されて肖像画に使われたと考えている」とし、原画でないことを指摘した。

反転認めるも発行作業は続行

これに対し財務省は「反転などの加工は問題ない」とし、「紙幣の肖像画は内側を向いていることがほとんど。向きを変えて再構成したとみられる」と、反転させたことを認めたようだ。
そのまま発行作業を続けるという。

菅官房長官も記者会見で「さまざまな写真を収集して人物の原画を作製する」と説明。問題無いとしたようだが、"裏焼きはミス"と認識している新聞、出版人は大きな違和感が残る。

ある調査では違和感ありが90%もいる。
まだ5年も時間がある。もう一度やり直しはできないんだろうか。それとも自然に内側を向く写真が無いんだろうか。

髪の分け目が左右反対になれば誰でもイメージは変わるし、着物の襟が上下逆になるのは絶対、おかしいと思う。首から下は見えないというような問題では無いと思うが…

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.