未分類

深刻なコロナ不況反映で、テレビはACジャパンのCMが激増中

投稿日:

お気づきだろうか?テレビCMが激減してきたのを。その代わりにACジャパンのCMが激増している。
これは全て新型コロナウイルス感染拡大の影響だ。メーカーなどテレビ番組のスポンサーが大幅にCMを控えている。

明日店を休んでがん検診行くぞ!奥さんに声をかけるCM

コロナ不況がテレビCMを直撃し、前年比86%に

テレビ業界にとっても恐らくオイルショックやバブル崩壊、東日本大震災、リーマンショック以上の打撃となっているようだ。当分、先行きは厳しいだろう。

このほどゼータ・ブリッジ(東京品川区)が、動画認識エンジンを活用したテレビCM自動認識システムで取得した放送履歴情報から、新型コロナウイルスのテレビCMへの影響を調査した。

それによると、対象エリアとした東京・大阪・名古屋・福岡・札幌と、BS放送の昨年と今年の4月前半(4/1~4/15)に流れた新規CMの件数を比較すると、約86%程度に減少していた。

外出自粛などの呼びかけにCM控える企業も

自粛ムードはもちろん、企業業績の低迷などから、CMの出稿を控えた企業が増えたようだ。この時期新規出稿が増える観光・アミューズメントなどのCMが、昨年比約34%に減少。映画館の休館で上映告知CMも前年比約43.2%で大幅ダウン。

自動車CMは43%も減る
自動車関連も外出自粛の流れに加え、国内および海外の生産工場において生産の縮小・調整の動きが出ていることで、新規出稿も前年比約57%と減少した。

今後、コロナ禍が下火に向かわない限り、さらにテレビCMは減っていく可能性は高い。テレビ業界にとっても厳しい環境となっている。
スポンサーの減少は、番組づくりにも影響を及ぼしてくるのでは、ないだろうか。

穴埋めにACジャパンのCMが20倍にも

一方、企業CMの減少に伴い、ACジャパンのCMが激増している。最近頻繁に流されている『夫婦でがん検診』のCMなどがそれ。
なんと昨年の305件から今年は6103件と20倍の激増となっているから、いかに本来の企業CMに穴が空いてしまったがが分かる。


ACジャパンはご存知旧公共広告機構。1000余の広告関連会社が会費で運営し、社会啓発のCMを制作する。
番組のCM枠を買っていたスポンサーが、CM放映を自粛して空いた枠に、各放送局が自由裁量で流せるACジャパンのCMで埋めているのが分かる。テレビ局に利益は無い。

最近の深夜はACジャパンの啓発CMだらけ。このCMが増えた時は、世の中はかなりの不景気なのだ。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.