未分類

湯水の如くカネが…社会補償費カットの中、東京五輪には既に3兆円

投稿日:

 

最終は4兆5000億?湯水の如くカネをバラまく東京五輪パラ

東京オリンピック・パラリンピックの総予算は、すでに3兆円を超える勢いとか。本番までまだ2年もあるのにだ。あと先考えず、人のカネは気前よく使うこの国の政治家、役人だから、私は最終は遥かにそれも超えることになると思う。

ここから始まった

 

現在の1.5倍にもなるとの説もあり、そうなると4億5000万円!国の威信をかけた社会主義国家の五輪だったソチや北京を超えてしまう。
だれかが歯止めをかけるべきだが、今の政府ではもう無理だろう。

 

 

国関連経費1500億予定が8000億円

2020年のオリンピック・パラリンピックに関し、会計検査院は昨年度までの5年間に国が支出した関連経費が約8011億円に上ったと明らかにした。
これまで国の負担分は会場整備費を中心に1500億円としていたが、実はとんでもないことになっていた。
会計検査院は来年度以降も多額の支出が見込まれるとしており、『大会組織委員会と東京都が見込む事業費計2兆100億円』を合わせると、経費の総額は3兆円を超える。それどころか、この事業費だって今、どうなっているのか、聞くのも恐ろしい。

削減したのか小池さん⁈

誰でもオリンピック・パラリンピックは大好きだ。日本選手の活躍には感動もする。しかしどうしたらこれだけのカネが浪費できるんだ、できたんだとオリンピック委員会会長の森元首相や小池百合子知事に問い質したい。
小池都知事など、就任直後はオリンピック委員会の浪費をぶった切るかのように威勢は良かったが、何かできたのか?結局、豊洲などと同じく、騒いだだけだった。

 

国は介護報酬はじめ生活保護費など、どんどん削減してきている。その額はすでにン兆円と言われる。なのに僅か数週間の為に、五輪がわけの分からないことになっている。
日本はかつて20年前は、確かにGDP世界第2位、ひとり当たり第4位、裕福な国だったかもしれない。それが今では世界第27位、G7諸国の中ではイタリアと最下位争い。もはやオリパラに湯水の如くカネが使える国ではないんです。
誘致決定時の猪瀬都知事が『メインスタジアム以外は既存の施設を使う。だからコンパクトな五輪になる』と言ったのはなんだったのか。

 

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.