未分類

無職の義父に殺害された進藤遼佑君の悲劇。母離婚で兄とも引き裂かれ

更新日:

本当のお父さんじゃないくせに!と言われカッとなり首を

子どもというものは時には残酷だ。大人の胸にグサリと刺さることも言ってしまうことがある。
だからと言って正直な子どもを大人は責めるわけにはいかない。

さいたま市見沼区の教職員住宅で、小学4年生進藤遼佑君(9)の遺体が見つかった事件で、埼玉県警は義理の父親の進藤悠介容疑者(32)を死体遺棄容疑で逮捕した。


その後の調べで進藤容疑者は、遼佑君に『本当のお父さんじゃないくせに』と言われ、かっとなって首を絞めたなどと供述している。

両親離婚で兄とも引き裂かれ…兄弟が大人のエゴの犠牲に

恐らく下校し自宅に戻って来た遼佑君に小言や注意をして、反抗されたのかもしれない。

母親(42)遼佑君、進藤容疑者含の3人は、昨年から一緒に住み始め、3月に正式に結婚したらしい。男が母親の姓を名乗っている。

進藤容疑者は東洋大学卒。仕事はしていない。なかなかのイケメンだったようだ。

遼佑君にとったら母親と2人の生活の中に、昼間から家にいる若いお父さんには大いに違和感があったのかもしれない。

ましてやわずかしか生活を共にしたことがない。子どもなりの本音だろう。

母親は教師とか。どういう経緯でこの男と再婚したのかは定かではない。SNSで知り合ったと言われている。
しかしひとつ言える母親の失敗は、最愛の息子を簡単に殺める男を家に入れてしまったということだ。

遼佑君には兄がいるが、離婚した父親が引き取っているという。両親の離婚で幼い兄弟が引き裂かれ、辛い思いをしたのは間違いない。そして兄はこんな形で弟を失った。

兄と元父の悲しさはいかほどだろう。

身勝手な大人がどれだけ2人の男の子を不幸にしたのか。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.