未分類

甲子園球児"チーム1の俊足5秒7"は本当?実は日本新でも5秒75

投稿日:


甲子園球児の50m走タイムは盛りすぎ?


やはり甲子園に来るような高校生は、足もむちゃくちゃ速いんだなあと、いつも感心していたが…

"○○君はチーム1の俊足5秒7"とか、"俊足巧打の1番打者○○君は50m5秒7"とか、解説者が必ず披露するが、果たしてそんなに速いのだろうか⁈ 今大会はある学校で5秒6の選手まで登場した。

本当ならこれがどれだけ凄い記録か。

現在の50mの日本新は100mでも日本の歴代4位、10秒02の記録を持つ朝原宣治で、記録は5秒75。あのウサイン・ボルトでも5秒47。

球児でも短距離の国際的選手だった朝原並以上の記録保持者が、各チームにいることになる。しかしこの"甲子園球児タイム"に陸上競技関係者は以前からずっと疑問を持っていたという。


ストップウォッチと電動時計では大きな誤差が


彼らが学校で測っているのは手動時計のストップウォッチ。これだと電動時計より計測スタートが遅れ相当、速くなる。

一般的に、陸上競技で記録を示すときには、手動計測の場合、100m走では測定記録に0.24秒がプラスされる。手動の方が記録が速くなる誤差は常識。さらにクラウチングスタート姿勢で完全静止を求められる陸上競技と、重心移動をさせやすいスタンディングスタートが許される野球の測定の違いも考えると、高校球児の申告する50mの記録は0.3~0.5秒程度は速くなっていると考えるのが自然だと、陸上関係者。


俊足だな、くらいの認識で良いのでは


ちなみ参考までに、プロ野球で盗塁王を獲得した松井稼頭央ですら、当時のテレビ番組の電動計測の50mでは、6秒06だった。

球児の記録は全て主催新聞社への自己申告。陸上競技関係者にとったら少々、イラつく数字かもしれないが、まあ目くじら立てず、"この選手は俊足なんだな"という、目安くらいで良いのではと、思います。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.