未分類

男が惚れる男…萩原健一は永遠の不良だった

投稿日:

 

不良のカッコ良さの極致だった

男が惚れる男とはショーケンみたいな人を言うんだろう。
グループサウンズと全共闘は団塊のエネルギーの象徴。そのGSの代表がザ・テンプターズのショーケンと、ザ・タイガースのジュリーこと沢田研二。
人気は二分し、何かと比較はされたが、共通してるのは不良ということだった。

 

しかし沢田研二は京都の進学校だから、やはりショーケンの方が不良度は上だったかもしれない。

全共闘はやはり日大全共闘議長秋田明大議長。それに東大全共闘山本義隆議長だろう。山本議長はノーベル物理学賞を狙える頭脳と言われながら、学生運動家の道を選んでしまった。

女にモテるのは母性本能をくすぐるから?

これらの人、特にショーケンや秋田議長に共通するのは破滅的な生き方だ。
私も2人みたいな破滅的な生き方を夢想したこともあるが、こじんまりまとまってしまった。
柄ではないんだろうね。

不良がなぜ女にモテるのか。それは萩原健一が体現していた。いい女は危なかしい男に母性本能をくすぐるのかもしれない。

『太陽にほえろ』で共演したのが、私の自慢だ(撮影現場で会った訳ではない。エキストラで屋台のラーメンを食べただけのワンシーンだが…)

 

約束、太陽にほえろ、前略おふくろ様、傷だらけの天使、影武者…いろんな役をこなしたが、全て話題になったのも凄い。

大麻、飲酒運転、恐喝未遂…4度の逮捕。大麻で引っ張られる時、妻だったいしだあゆみが見送っだが、まるで映画の1シーンのようだったとか。

スナックやラウンジで好きな女の子ができたら、必ずショーケンの『お前に惚れた』を歌った。
心が通じなかっのは、私が不良じゃなかったからだ。

長寿のショーケンは想像できなかったが、やはり早かった(涙)

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.