未分類

異常だ!北海道で39.5度を記録。きょうの猛暑トップ10は全て北海道

投稿日:

 

26日、猛暑ベスト10は全て北海道に

きょう26日の日本列島の最高気温のトップ10はいずれも北海道となった。
佐呂間町ではなんと39.5度を記録、通年でも史上最高気温を記録。帯広市なども38.8度を記録した。

まだ5月だ。夏本番ではどうなるのか。官民挙げての熱中症対策に全力で取り組むべきだろう。

38.8度を記録した帯広市

 

運動会は初冬の学校行事にすべきかも

ここ数年、いつまで続くかわからない残暑のため、運動会を5月に前倒しする学校が増えてきた。
しかし5月でもすでに日本列島全域が真夏日を記録した。そして北海道を中心に猛暑日となった地域も。
すでに運動会の時短(半日で弁当無し)を検討する学校もあるが、いっそのこと11月くらい、初冬の学校行事にした方が良いのかもしれない。

猛暑の中の運動会は絶対にやめるべきだ

私は俳句をやっているが5月の季語は若葉とかライラック、薫風など、いかにも爽やかなものが多い。
しかしこのままだと熱中症や猛暑まで5月の季語に入るんじゃないかと思うくらいだ。
爽やかな季語に違和感を感じるほどの異常気象といえる。

恐ろしい熱中症対策を急げ

5月25日はあまりの暑さにやられ、なんと救急搬送された人が全国で460人にも及んだという。
気分が悪くなって自宅で安静にしてい
た人はこの何千倍もいるだろう。
日本列島は広く高気圧に覆われて気温が上昇し、各地でことし一番の暑さだったようだ。

大分県竹田市では35.0度を記録し、全国でことし初めて35度以上の猛暑日となった。
京都府舞鶴市34.6度、愛媛県大洲市、岐阜県多治見市34.5度など、他に424観測点でも30度以上の真夏日になった。もちろん過去最多。

これで驚いていたら、26日の北海道はすさまじいことになった。

明日も全国的に真夏並みの厳しい暑さの見込み。まだわれわれのカラダは暑さに慣れていない時期のため、気象庁は早めの熱中症対策を呼び掛けている。

くれぐれも身近にいるお年寄りや子供には十二分に気配りをし、熱中症から守ることが大切だ。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.