未分類

異常な殺人、殺未事件。動画や写真でSNS 投稿されることに驚愕する

投稿日:

 

SNS への投稿された殺人動画の凄まじさ

長い間事件担当の記者だったから、事件関係者の遺体はたくさん見た。
しかし今まさに殺害される動画がSNS 上で流れたことに慄然としている。

そしてこの事件と相前後して東京新宿では、自分が包丁で刺し殺害しようとした血だらけの男の横で、自分も激しく返り血をあびた女が、タバコを吸いながらケータイで誰かに電話する姿までリアルタイムでSNS に投稿される異常さ。

5月に起こった2つの異常な事件。それを目撃して動画に撮る異常さ、写真に撮る異常さ、さらにSNS に投稿する神経に驚くばかりだ。

名古屋栄の歓楽街で、大勢が見守る中での殺人

つい先日、名古屋市栄であった元暴力団組員(48)による殺人事件。長めの刃物と鉄パイプ状のものを両手に持った男が、倒れた男(46)を殴っては刺しの繰り返し。最後は絶命させたようだ。
刃物は腹に垂直に刺さったままだった。殺人容疑で逮捕された男は『激しい恨みがあり、殺すつもりだった』と、自供した。

 

現場は栄の女子大小路という歓楽街。大勢の人が遠巻きに見守る。さらに横を歩いて通過する人もいる。
間近にこの惨状を見たら誰でも怖いだろう。

しかしこの様子が一部始終、撮影されていたことに驚愕する。
だれか警察や救急には電話をしたんだろうか?最後に近くで犯行をやめるように犯人に向かって叫ぶ外国人女性がいたのは、まだ救いだった。

刺した男の横で血だらけになりながらもタバコを吸う女

また新宿のマンションのエントランスで撮られた写真にも驚いた。
逮捕されたガールズバー勤務の女(21)は自分の部屋で裸の20代の男を刺し、男はエレベーターで逃げてエントランスに降り、力尽きたようだ。

女は横に座り平然とタバコを吸う。
住人が呼んだのが、警察官が駆け寄った様子。これも誰かがスマホで写し投稿したんだろう。

 

女が刺した相手はホ 女と交際中。殺人未遂で現行犯逮捕された女は犯行について『彼が好き過ぎて殺したかった』と、訳の分からない自供をしている。

気持ちの悪い事件とSNS 投稿だった。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.