未分類

病室で食べたお赤飯

投稿日:

結婚とか合格とか落成とか記念日とか、慶事があると私たちは赤飯を食べますよね。数日前、抗がん剤治療のための大学病院入院3日目の愛妻弁当はなんと赤飯でした。


まさか病室で赤飯が食べれるとは!

実は前日、私と家族にとって何よりの良い事があったので…
妻は心から嬉しかったようです。
もちろん、私も。

でも私の入院する病棟は大半が厳しい消化器系癌で闘病している人たちだ。
だからひとり心の中だけで家族の思いを噛み締めました。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2022 All Rights Reserved.