未分類

相当危険な台風19号。規模は死者不明5000人超の伊勢湾台風並みだ

投稿日:

猛烈な勢いで発達し、今日にも伊勢湾台風並みの規模に

ちょっとこれはかなりヤバイ感じです。日本に向かって右旋回しそうな台風19号。ことし日本に上陸、接近した台風では飛び抜けて最大、最強といわれています。

中心気圧はなんと8日夜には猛烈な規模、900hPa最大瞬間風速は85メートルまで発達すると予測されているから、関東で電柱をなぎ倒した先日の15号より、遥かに大きいスケールです。

伊勢湾台風並みの気圧、風速か

ちなみに死者行方不明5000人を超えた伊勢湾台風(1959年9月26日に潮岬に上陸)は、中心気圧895hPa、最大瞬間風速85mだったから、ほぼ同じ規模。

幼少体験として伊勢湾台風を知っているものとしては、規模を聞いただけで恐怖感を感じます。

家の補強、水、非常食、スマホの充電など準備は怠りなく

昔は10月の台風など、まず上陸はあり得なかった。台風の進路も台湾から北上、沖縄い、九州上陸、中四国を舐めるように東進するのが、台風のオーソドックスな進路だった。

やはり地球温暖化による海面温度の上昇が、台風の発生、進路にも影響しているようだ。

先日の千葉のような大停電も心配だ。家の心配な部分は板を打ち付けたり、窓ガラスは内側からガムテープで補強したり、昔はオヤジが普通にやっていたことをやろう。
オール電化は停電になったらどうしようもない。

乾電池やロウソクも準備。スマホの予備電池は充満を。
ガスコンロのボンベ、水もたくさん用意しておく必要があるだろう。
そして2台のクルマのガソリンは満タンに。

先日の千葉県の被害は、他山の石とすることがたくさんあります。

また予測コースを見るとまた関東直撃の可能性も。千葉の停電復旧は仮復旧が多いと思われます。更なる被害が拡大しないよう祈るばかりです。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.