未分類

石原慎太郎さん、初出馬の参院選は世代交代を強く求めた

投稿日:

『石原慎太郎、54年前の参院選初出馬の時のリーフレット』

先日、89歳で亡くなった石原慎太郎さんが1968年、参議院議員選挙全国区に出馬した時のPRリーフレットが、前阿南市長岩浅嘉仁さん宅のファイルに保存されていた。


今から50年以上前のものだが、綺麗に保存されている。父親の元県議岩浅嘉門氏(故人)がこうした政治家のリーフレットを収集するのが好きで、保存していたようだ。

リーフレットは『石原慎太郎の会』とされ、いわゆる後援会員を募るためのもの。35才の石原さんの政治への熱い思いが記されている。

"あのいい加減で無責任な老人たちが行う政治が、このままでは結局、この先もこの国を引きずっていくことになるのだ…"

など、青年の立場から世代交代を強く求めている。


やはり若さを訴えたかったようだ。
この時は自身が82才まで政治家でいることは思いも寄らなかったのだろう。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2022 All Rights Reserved.