未分類

神戸の教員の凄まじい暴行といじめ。これで子供たちの規範となるのか

投稿日:

連日のように全国の教職員が児童や生徒にわいせつな行為をしたとのニュースをみるにつけ、教員採用試験はきちんと行われるているんだろうかと、疑問に感じていた。

そんな折も折、神戸新聞の記事を読み、何度も目をこすった。
神戸市内の小学校での教員4人の壮絶な同僚教員への暴行、暴言といじめ。内容を知りその悪質さと陰湿さには驚くばかりだ。

神戸市では市内の中学3年生の女生徒がいじめを苦に自殺した事件を巡り、いじめを証言した他の生徒の証言メモを教員が隠蔽したとんでもない不祥事もあった。

どうなっているんだろう。

神戸新聞
神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが3日、関係者への取材で分かった。
加害側の教員たちは男性教員を羽交い締めにして激辛カレーを目にこすりつけるなどしたほか、男性教員の車を傷つけ、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で第三者にわいせつな文言を無理やり送らせるなどしていたという。

被害教員は先月から療養を余儀なくされているというが、当然だろう。

加害側の教員は30~40代の男3人、女が1人だが、やり方はほとんど中学生のチンピラレベルの話だ。

事件のあった神戸市立東須磨小学校


目に激辛カレー、別な女性教員に性的なLINEの送信を強要

LINEで別の女性教員らに性的なメッセージを送るよう強要。男性教員の車の上に乗ったり、その車内に飲み物をわざとこぼしたりした。

コピー用紙の芯で尻をたたいて腫れさせ、「ボケ」「カス」といった暴言を頻繁に浴びせていた。

男性教員は「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした」とも訴えているという。

そしてこの4人に別の20代の2人の女性教員もセクハラを受けたり、別の男性教員もいじめをうけていたこも、市教委の調査で判明。さらに調べている。

変わらぬ学校管理職らのクソみたいな不祥事隠蔽体質

こうしたことを学校の管理職は別の教師から話を聞いて把握し、当該教師を指導したが、市の教育委員会には人間関係のトラブルなどと報告した。

その後、家族の話しなどから、事の深刻な状況が分かったきたのか、クズ教員4人は10月から休んでいる。

今後、処分なども検討するんだろうが、被害教員側は刑事告訴も検討しているという。

どうせ市教育委員会は、謹慎レベルの軽い処分を科す程度だろうが、懲戒免職相当だろう。

こうしたクズ教員について、子供たちにどのように説明をするのか。説明できないだろう。
当然、二度と教壇に立つ資格はない。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.